各地を歩き8万枚超の独自写真で地域紹介 townphoto.net
Home
神奈川

その1東口
その2西口
地図は
下部に
横浜市神奈川区 東神奈川駅・仲木戸駅周辺 その1
東神奈川駅東口と仲木戸駅付近
ページ内の記事写真24枚(その1~2計52枚)  写真: 背景:
JR京浜東北線・横浜線の東神奈川駅東口。前方(南東)へ約80mの京急線 仲木戸(なかきど)駅とペデストリアンデッキで結ばれていて便利!
JRと京急の間、駐輪場屋上の広場。写真中央の白い建物が仲木戸駅。横浜線と京急の乗り換え客も大勢ここを経由。追記:その後2020年3月14日に京急東神奈川駅に駅名改称。
反対向き(北西)、広場から見た東神奈川駅。改札を通る2016年度1日平均乗車人員は35,984人(乗降は倍の7万2千人程度)。左端はザ・ステーションタワー東神奈川。
駅ビルは2009年10月オープンのシァルプラット東神奈川。飲食店、スーパーの成城石井、ツタヤ、医院、フィットネスなど。
広告
東神奈川駅ホーム(右)。前方は上り方面(北東)。日中の京浜東北線快速で東京駅へ約35分、464円(2018年時点)。左は西口界隈。
下り方面。横浜へ1駅、桜木町へ2駅、関内へ3駅、石川町へ4駅と横浜中枢部を縦貫。東海道本線・横須賀線はホームがなく、伊豆行き特急踊り子号が通過中。
東口ペデストリアンデッキの北東に直結する再開発マンション、リーデンスフォート横浜。
1~2階の店舗や3階の公設民営保育園。
このマンション前がJR東口・京急駅前のバス・タクシーのりば(左端に駅ビルも写っています)。
リーデンスフォート横浜と京急の線路との間の道。奥はすぐに住宅街。
京急本線 仲木戸駅、上りホーム直結の2階改札口。エアポート急行が停車し、羽田空港国内線ターミナルまで約24分、448円(2018年時点)。東神奈川駅よりも3年早い明治38年に開業。
南方向。赤と白の京急電車。一つ先は神奈川駅(東海道五十三次の神奈川宿だった地区で、古くは国鉄神奈川駅も存在)。東神奈川駅の駅名由来は神奈川駅の北東だから。
広告
南西方向。ペデストリアンデッキ直結を謳うマンション建設現場。右は駐輪場出入口や交番。4枚後で左の京急線をくぐります。
ペデストリアンデッキの南西に直結するザ・ステーションタワー東神奈川。駐輪場付近はJRと京急の駅と、左を含む3棟の高層マンションに囲まれます。
1階は飲食店やコンビニ、2~4階は客席数300の音楽ホールを核とする横浜市神奈川区民文化センター「かなっくホール」、5~19階はマンション。
仲木戸駅1階改札口。駅名は江戸時代の将軍宿泊施設に由来。2016年度1日平均乗降人員は22,556人。仲木戸駅も現在の住所はJR(国鉄)が由来の東神奈川一丁目。
京急本線をくぐって南東へ。
少し進んで振り返ったところ。左右に先ほどの高層マンション。
南東へ。左のトヨタレンタカーを過ぎると東神奈川二丁目交差点。
東神奈川二丁目交差点で交差する第一京浜(国道15号の通称)。北東へ若干進み、東神奈川駅入口バス停。
第一京浜を北東へ。高架道路は首都高速神奈川1号横羽線の東神奈川入口。
高架道路が逸れる交差点で振り返った南西方向。
同じ交差点の北東方向を2枚。
この付近の第一京浜は江戸時代の旧東海道筋らしいのですが、拡幅されて面影がありません。
2017年1月(駅前午前)と2013年5月(夕方と第一京浜)に撮影しました。
続き:その2 東神奈川駅西口
広告

地図ので当ページを撮影しました。
神奈川県横浜市神奈川区
東神奈川駅・仲木戸駅周辺 その1~2 画像52枚
1 東神奈川駅東口と仲木戸駅付近(24枚)
2 東神奈川駅西口(28枚)
南太田
-
黄金町
-
日ノ出町
-
-
-
神奈川
-
-
-
-
京急
新子安
-
生麦
-
-
(→上り・北西)
広告
サイト内の記事をランダムに表示しています。
掲載内容は撮影時または編集時のもので、現状とは異なる場合がございます。
このページをポスト:
Home
> 神奈川県 > 東神奈川駅東口と仲木戸駅付近 | 東神奈川の紹介 写真52枚 のページです。(C)townphoto.net