オリジナル写真が満載の地域紹介サイト townphoto.net > 東京都 > 中野区 > 中野駅周辺(その1~6 計114枚 JR中央本線・東京メトロ東西線 なかの)
中野その1(地図ので撮影)
中野駅北口と中野サンモール
風景・街並み等23枚


1.北口とサンモール 2.区役所・サンプラザ付近 3.一番街~二番街 4.白線通りまで 5.南口 6.南口本通り等 要約
画像表示サイズ
中野駅北口(右端)の駅前広場を見下ろす位置で東向き。横断歩道の左はアーケード商店街の中野サンモール。駅改札口等はJR中央線と東京メトロ(地下鉄)東西線が共用し、直通運転も実施。
中野駅北口。横断幕にはサンプラザ中野くんも。中央線の駅は1889年(明治22年)4月11日に開業。2019年度1日平均乗車人員は150,907人(JR東日本公式サイトより。乗降人員は倍の30万人程度)。快速で新宿へ約4分、東京駅へ約18分。
駅北口を出たあたりの景色。北向き。中野サンモール商店街まで屋根続き。
駅前広場で西向き。1枚目は前方の中野通りに架かる歩道橋から写しました。歩道橋を渡った先には中野区役所などがあります(黒いビルはドコモ)。
東西線の中野駅は1966年(昭和41年)3月16日に開業。ホームは高架。2019年度1日平均乗降人員は163,466人(東京メトロ公式サイトより)。高田馬場へ約6分、飯田橋へ約14分、大手町へ約21分。
中野サンモール商店街入口。
中野サンモール商店街に入ったあたり。中野駅界隈でも特に歩行者が多い商店街です。太陽型の店名入り看板が天井近くに並びます。
中野サンモール商店街を北へ進みます。サンドラッグ、銀だこ前。右に入ると飲み屋街の中野北口一番街(2ページ後で通ります)。
左側立喰い寿司店の先にはメガネ店やユニクロ。右にマツモトキヨシ、日焼け看板、リンガーハット。
クリニック、ABCマート、ちょい呑みできます看板(富士そば2階)、チケットショップ。
飲食チェーンが多く入るビル(左)、カプセルホテル・サウナ・パチンコ等のビル(右)。
日高屋・Y!モバイル前。右の老舗時計・宝石専門店フジヤには大きな時計が。
反対に南向き(マツモトキヨシは4枚前とは別の店舗)。天井からは太陽光サンサン(燦々)。
北へ進み、中野北口二番街(右折方面)とのT字路の若干手前。中野サンモール商店街は110店舗(2022年3月の中野区商店街連合会サイト閲覧時点)、全長224mあり、その中間付近です。
ファッション関係のお店が集まる部分。前方では右へゆるくカーブ。
撮影の翌年までに左の化粧品店の場所が整骨院になり、2枚前のauショップがセブンイレブンになり、といった変化も見られる商店街です。
三番街(右折方面)との交差点。右側やや前方の工事現場付近では右折すると五番街に入ります。
反対に南向き。中野サンモールという名称は1975年のアーケード改装時に設定。1973年には中野サンプラザ(次のページ)が開業していて、関連する名称かな。
30mほど北へ進んだ地点で南向き。ちなみに中野サンプラザも中野サンモール商店街に加盟しています。
北へ進み、またマツモトキヨシ。右のEXCELCIOR CAFFE角を右折すると狸小路に入ります。
反対に南向き。アオキ前。
中野サンモール商店街の北端部。そのまま前方では中野ブロードウェイに多くの人が吸い込まれます(約150m北の早稲田通りへ通り抜ける人もいます)。
中野ブロードウェイ入口。まんだらけ(右・漫画古本等)など通好みのお店が多いことでも知られ、中野の名所のひとつ。地下1階から地上4階までが商業施設、更に上の階はマンション。
2017年1月に撮影しました。
広告

続き:その2 中野区役所・サンプラザ付近
トップ > 東京都 > 中野区 > 中野駅周辺
(その1)中野駅北口と中野サンモール (2)中野区役所・サンプラザ付近 (3)飲み屋街の北口一番街~二番街
(4)五番街・狸小路・白線通りまで (5)南口・レンガ坂・ファミリーロード (6)マルイと南口本通り等
(まとめ)要約版 写真一覧
JR中央線
(下り・西←)
-
-
西荻窪
-
-
阿佐ヶ谷
-
高円寺
-
-
-
-
-
-
-
-
(→上り・東)
(西←)
-
-
-
早稲田
-
神楽坂
-
-
-
-
-
-
茅場町
-
門前仲町
-
木場
(→南東)
トップ > 東京都 > 中野区を独自写真で大紹介
中野 東中野 落合 中野坂上 新中野 中野新橋 中野富士見町


掲載内容は撮影時または編集時のものです。写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。 | 五十音順目次 都市一覧目次