オリジナル写真が満載の地域紹介サイト townphoto.net > 栃木県 > 下野市 > JR宇都宮線 こがねい
(地図ので撮影)
小金井駅と周辺
風景・街並み等30枚


画像表示サイズ
JR宇都宮線(東北本線の愛称) 小金井駅西口。大規模な車両基地がある駅で、当駅始発・終着の列車も多数運行。右を向くと次の写真です。
駅前広場で南向き。高架は東北新幹線。高架下の建物は下野市観光案内所オアシスポッポ館。左前方には不二家や和菓子店松屋、右にタクシー会社や交番。
駅の東西を結ぶ通路で南向き。宇都宮線は地平の線路。小山へ1駅、約6分、199円。新宿へ快速で約76分、1518円(2021年9月現在)。
北向き。車両基地は奥のほう。宇都宮へ約20分、418円。東京駅や新宿駅からは小金井行きと武蔵小金井行き(中央線)が発車することが話題になったりもします。
2階、みどりの窓口・券売機・改札口(夜撮影)。小金井駅は1893年(明治26年)3月25日開業。2019年度1日平均乗車人員は4,136人(乗降人数は倍の8,272人程度)。
西口の階段を下りた地点。新幹線高架下で南向き。
南西方向。タクシーのりば。
西方向。淡墨桜(うすずみざくら・品種はエドヒガン)や動輪展示。奥へ延びる道は県道104号。
(ここから3枚は夜です)淡墨桜。岐阜県本巣市の天然記念物の桜で、2004年にこの場所に移植されたことが解説されています。
小金井が鉄道の重要拠点であることを物語るC57形蒸気機関車の動輪展示。
ようこそ歴史の町国分寺へ。小金井駅西側マップ。奈良時代に建てられた下野国分寺(僧寺・尼寺)の跡は、左のほうの桜の木のすぐ左のあたり。下都賀郡国分寺町は2006年1月10日の平成の大合併により現在は下野市(しもつけし)。
駅前から西へ伸びる県道104号小金井停車場線。左に旅館、右にJAおやま国分寺支店が立地。
西へズーム。停車場線ですし、駅前通りと呼べそうな道です。
県道104号を西へ進みます。
振り返って県道から見た小金井駅。
時計の店前。向かいには足利銀行。
足利銀行側の歩道(夜)。手前は美容室。
国道4号との交差点案内。
反対に東向き。
小金井駅前交差点で国道4号と交差。県道104号はここまでの全長140m。もう少し西側では旧日光街道と交差します。
国道4号南方向。
国道4号北方向。北へ約800mの慈眼寺・金井神社付近は日光街道(および奥州街道)の小金井宿でした。小金井村は1889年4月の合併で国分寺村の一部に(駅開業の4年前・明治22年)。西口側はここまでです。
小金井駅東口。2階通路は右側で駐輪場に直結。
2階通路からの眺め。東方向。店舗は少なめ。東口付近も旧国分寺町。
夜景。
東へズーム。郵便局前で左折すると約1kmで旧国分寺町から旧南河内町に入ります。この2町と北側の旧石橋町が下野市になり、市役所は旧国分寺町域(自治医大駅西側)に建設。人口は旧3町各約2万人、下野市約6万人。
南東方向。
通路の様子。
通路から見た小金井駅舎やホーム。
東口側から改札や西口方面。
2014年7月(西口高架下曇り2枚)、2017年12月(夜6枚)、2018年3月(22枚)に撮影しました。
広告

次の掲載駅(下り2駅先):石橋
(上り・南←)
-
-
-
-
-
-
-
自治医大
-
-
-
-
-
(→下り・北)
トップ > 栃木県を独自写真で大紹介
【県央】(宇都宮市)東武宇都宮 JR宇都宮 雀宮 岡本 鶴田 南宇都宮 西川田 (壬生町)安塚 おもちゃのまち 壬生
【県北】南から (高根沢町)宝積寺 (那須烏山市)烏山 (さくら市)氏家 蒲須坂 (矢板市)片岡 矢板
    (那須塩原市)那須塩原 黒磯 西側 (日光市)文挟 今市 日光 鬼怒川温泉 鬼怒川公園
【県南】西側の市から (足利市)足利 足利市 (佐野市)佐野市 佐野 田沼 葛生 (栃木市)栃木 新栃木
    宇都宮線南から (野木町)野木 (小山市)間々田 小山 (下野市)小金井 石橋


掲載内容は撮影時または編集時のものです。写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。 | 五十音順目次 都市一覧目次