オリジナル写真が満載の地域紹介サイト townphoto.net > 茨城県 > 日立市 > 常陸多賀駅周辺(その1~4 計77枚 JR常磐線 ひたちたが)
常陸多賀その1(地図ので撮影)
常陸多賀駅と駅前~大学通り
風景・街並み等24枚


その1駅~大学通り 2駅前商店会と千石商店会付近 3よかっぺ通り 4市民プラザ~消防署
画像表示サイズ
JR常磐線 常陸多賀駅前。線路の東西を結ぶ人道跨線橋より、線路の西側で北東方向の眺め。右側やや前方が駅舎。左の緑色路面は一般車乗降場。
一般車乗降場から見た常陸多賀駅(写真中央部)。屋根付き通路で区切られた左側にバス・タクシー乗降場があります。乗降場を含む常陸多賀駅前広場は2012年に再整備工事が竣工。
常陸多賀駅。水戸駅から北へ約24分、506円。更に北へ1駅、約4分、189円で日立駅。特急「ひたち」「ときわ」は1日に計16往復半停車。(2021年11月現在)
常陸多賀駅窓口・改札口。2019年度1日平均乗車人員は6,653人(乗降人数は倍の13,306人程度)。
信号機がない環状交差点(ラウンドアバウト)となっている駅前の交差点。南方向。左前方に常陸多賀駅。
南西方向。写真中央部には多賀ステーションホテルが立地。右側は、よかっぺ通り(県道290号常陸多賀停車場線)。
駅を出たあたりの景色。バス・タクシー乗降場。2021年時点では、日立電鉄線路跡の専用道を経由するバス路線「ひたちBRT」の北側暫定ターミナルにもなっています。奥は、よかっぺ通り。
駅前広場北側、交番前の下孫(しもまご)停車場記念碑。1897年(明治30年)2月25日に下孫駅として開業し、1939年(昭和14年)に常陸多賀駅へ改称。
下孫停車場記念碑の解説文。現駅名の由来となった多賀郡多賀町は、駅名改称前年の昭和13年に町村合併で誕生し、1955年(昭和30年)に日立市へ編入。
1枚目と同じ人道跨線橋より、北方向。左のオレンジ色の建物前から北東方面へは、ページ下部の大学通りが伸びています。
人道跨線橋から見た常陸多賀駅ホームなどの構内。奥は常磐線下り方面(北東)。右側は日立グローバルライフソリューションズ(2019年からの社名)多賀事業所の広大な工場。
常磐線上り方面(南西)。
南西へズーム。海と山に挟まれて平地が少ない日立市らしく、斜面部に造成された住宅地。
駅舎がある西側(手前)から駅東側へ通じる人道跨線橋の様子。
駅東側のロータリーを2枚。東方向。
南東方向。人道跨線橋から降りる地点。
駅西側に戻り、北東方向。大学通り方面。
大学通り入口。約2.5km先に通り名の由来と思われる茨城大学工学部(国立大)、その手前に県立多賀高校があります。
駅前から北東へ伸びる大学通り。右のメガネ店前には里ザクラ並木案内板が写っています。
「大学通りの“里ザクラ並木”」品種等の案内板。左上に入口が写っている道は次の写真です。
託児所などがある北西方向の道。写真中央のガラス張りビルは日立市多賀農協。
大学通りを北東へ進む3枚。NTT(左の白いビル)付近。
日立レキセイビル(左)付近。
里ザクラ並木。
2012年8月に撮影しました。大学通りは写真枚数が少ないので、2021年11月に駅前と同じページにまとめました。
広告

続き:その2 駅前商店会と千石商店会付近
トップ > 茨城県 > 日立市 > 常陸多賀駅周辺
(その1)駅と駅前~大学通り (2)駅前商店会と千石商店会付近 (3)よかっぺ通り (4)市民プラザ~国道6号~消防署  写真一覧
JR常磐線
(上り・南←)
-
偕楽園
-
-
-
-
-
-
-
日立
-
小木津
-
-
-
南中郷
-
-
大津港
(→下り・北)
トップ > 茨城県を独自写真で大紹介
【県北】常磐線 (ひたちなか市)勝田 佐和  (東海村)東海  (日立市)大甕 常陸多賀 十王  (高萩市)高萩  (北茨城市)磯原
     水郡線 (那珂市)中菅谷 上菅谷  (常陸大宮市)常陸大宮  (大子町)常陸大子
【県央】 (水戸市)水戸 赤塚 内原 常陸青柳  (笠間市)笠間 友部 岩間  (小美玉市)羽鳥  (大洗町)大洗
【県西】 (古河市)古河  (桜川市)岩瀬  【鹿行】 (鉾田市)涸沼  (鹿嶋市)鹿島神宮  (潮来市)潮来 延方  (神栖市)波崎
【県南】 (取手市)藤代  (牛久市)ひたち野うしく  (土浦市・かすみがうら市)土浦 神立  (石岡市)石岡 高浜


掲載内容は撮影時または編集時のものです。 写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。 | 五十音順目次 都市一覧目次