オリジナル写真が満載の地域紹介サイト townphoto.net > 神奈川県 > 横浜市瀬谷区 > 瀬谷駅周辺(その1~2 計58枚 相模鉄道本線 せや)
瀬谷その1(地図のの部分)
瀬谷駅南口と商店街
風景・街並み等34枚


その1.南口 その2.北口と西側
画像表示サイズ(個別にクリック拡大もできます)
 ほか
相模鉄道本線 瀬谷駅南口。瀬谷村は昭和14年(1939年)に横浜市へ編入合併して戸塚区の一部となり、昭和44年(1969年)の分区で瀬谷区が発足。最近の瀬谷区の人口は12万人台。
瀬谷駅ホーム。2017年度1日平均乗降人員は44,491人。横浜から西へ急行で約19分、258円(各停で12駅目)。西隣の大和駅から横浜市外になります。瀬谷駅と東隣の三ツ境駅が瀬谷区内。
駅舎から見た東方向の南口界隈。右にはミスタードーナツ等が入るビル。
瀬谷駅前商店会の通りを東へ進みます。前の写真で中央部に写っていたホットヨガ等のビル前。
左は薬クリエイトの長い線路沿い店舗が続きます。
SEYA MALLと書かれた瀬谷駅前名店ビル(右)。
クリエイト東側の駐輪場やマンション下層階のクリニック等。
青空装飾があるSEYA MALL(セヤモール)。全長約40m。南方向。
SEYA MALL(左)を通り抜けた南側。横丁通り、東方向。右に入ると以前は瀬谷駅前名店街がありました。
東へ進んだ地点。本場インド料理人の店前。
西へ進んだ地点。もう少し進むと4枚後の花壇があり、そこで右折すると突き当りは2枚後の駅舎。
振り返って東向き。
南側から見た瀬谷駅舎とタクシーのりば。現在の駅舎は2004年に完成。
駅舎から見た南方向の南口界隈。左にはミスタードーナツ等が入るビル。右は瀬谷駅南口第1地区再開発予定地となっています。
南へ進み、左に花壇があるロータリー風の街路。左折すると横丁通りや瀬谷銀座方面。
駅のほうを向いた3枚。
花壇横で。
いちょう通り商店街の赤いゲート。左は横浜信用金庫。
ゲート南側、いちょう通り商店街。左右に2棟づつあるマンションの1階が店舗。
反対に北向き。あいにく1月でしたので葉は落ちています。
南側のマンション店舗前。
反対に北向き。北側のマンション店舗。
花壇があるロータリー風街路。西向き。
反対向き、花壇の東側。左前方は先程の横丁通り、右前方は瀬谷銀座商店会の通り。
瀬谷銀座商店会を南東へ進みます。自動車は逆に奥から花壇へ向かう一方通行です。
スポーツクラブNAS瀬谷前で前後向き2枚。
以前は右に入ると古いアーケードが架かる瀬谷駅前名店街がありましたが、店舗もアーケードも解体済みでした(線路側の一部分がSEYA MALLに名を変えて残っています)。
瀬谷銀座商店会、南東へズーム。瀬谷駅前の代表的な商店街の雰囲気で、長距離にわたって店舗が並びます。
ミュージックショップ(左)、サイクルショップ(右)、農村から発達した名残のような微妙なカーブ。
親子のひろば、食堂。
きもの処、スナック、やきとり。
反対向き(北西)。
南へ大きくカーブ。
花壇から約300mの地点。更に南へ延びる瀬谷銀座。約230m先に県道40号(厚木街道)との瀬谷駅入口交差点があり、幹線道路と駅を結ぶメイン通りでもありました。
2017年1月に撮影しました。
スポンサーリンク
続き:その2 瀬谷駅北口と西側再開発予定地
相模鉄道本線
(下り・西←)
-
かしわ台
-
さがみ野
-
相模大塚
-
大和
-
-
三ツ境
-
-
二俣川
-
鶴ヶ峰
-
西谷
(→上り・東)
トップ > 神奈川県 > 横浜市を大紹介(金沢区と南区は未掲載です)
【都心】(西区)横浜 新高島 みなとみらい 高島町 戸部 平沼橋 西横浜 (中区)桜木町東 関内東 馬車道 日本大通り
【北部】(港北区)日吉 大倉山 菊名 妙蓮寺 新横浜 小机  (緑区)鴨居 中山 十日市場 長津田
    (都筑区)センター南 センター北 (青葉区)たまプラーザ あざみ野 藤が丘 青葉台 田奈 こどもの国
【東部】(鶴見区)花月園前 国道  (神奈川区)子安 神奈川新町 東神奈川・仲木戸 大口
【西部】(保土ケ谷区)保土ケ谷 天王町 星川 (旭区)希望ヶ丘 (瀬谷区)瀬谷 (泉区)いずみ野 いずみ中央 ゆめが丘
【南部】(戸塚区)戸塚 (港南区)上大岡 港南中央 港南台 (磯子区)磯子 杉田 新杉田 (栄区)本郷台 大船


掲載内容は撮影時または編集時のものです(運賃は2018年時点)。 写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。 | 五十音順目次 都市一覧目次