8万枚以上の独自写真で地域紹介 townphoto.net
Home
山形県
近隣
その1
その2
その3
最上郡戸沢村 古口駅周辺 その3
役場付近と東側車窓
ページ内の記事画像22枚(その1~3計72枚)
国道47号、古口駅入口の交差点で西向き。
西へ少し進みます。
戸沢村役場入口の交差点。
左折して南向き、コンビニ前。奥の突き当りが戸沢村役場。
戸沢村役場。昭和30年に古口村など3村が合併して現在の村の範囲に。豪雪地帯で、庁舎玄関には「戸沢村豪雪対策本部」と書かれています。ここまでの5枚は2018年3月撮影です。
列車から3枚(2020年8月撮影)。前の写真と反対側から見た戸沢村役場。陸羽西線看板に「皆でめざそう新幹線庄内延伸」と書かれています。もし実現しても、村内に停まるかな?
西へ500mほど走行し、角川を渡る地点で北向き。
角川のすぐ西側、県道57号戸沢大蔵線との交差部で北向き。南へ行くと大蔵村の肘折温泉に至ります。
古口駅入口の交差点から東へ約400m。舟下りのりば入口付近の国道47号で3枚(2018年3月)。東向き。
東へズーム。県の内陸部と日本海側を結ぶ主要幹線道路のひとつですので交通量はあります。
東へ少し進み、国道47号の起点仙台まで142kmの表示版とファミマ。終点は酒田。
広告
ここから再び鉄道車窓風景です。ファミマから東へ約200mの地点で北向き。左は国道47号と新庄古口道路の交差点。右の建物は国土交通省の古口除雪ステーション。2020年8月。
更に東へ約600m進み、国道47号との交差部で南向き。2021年4月。
そのすぐ東側で渡る最上川。上流方面(南向き)。2021年4月。
同じく上流方面、雪化粧。2018年3月。
最上川を渡った東側の雪景色。南向き。右奥に道の駅とざわが見えます。2018年3月。
国道47号沿いの道の駅とざわをズームした2枚。韓国の物産・食文化・民族文化の展示や提供を行う日韓友好の「高麗館」など韓国風の建物が並びます。2021年4月。
戸沢村要覧によると「1989年、アジア学院を介して韓国農村との出会いが作られ、…」という比較的新しい歴史の日韓交流が盛んな村。特産品は戸澤流キムチと餅米加工食品。2021年4月。
4枚前と反対に最上川下流方面(北)。この橋は県道34号新庄戸沢線の古口大橋。2020年8月。
最上川を渡った東側で北向き。新庄古口道路(国道47号バイパスで新庄酒田道路の一部)の高架橋を望む景色。2020年8月。
更に約2km東。津谷駅。古口の東隣の無人機で駅間距離は4.1km。戸沢村の鉄道駅は東から津谷、古口、高屋の3駅。2013年8月撮影。
津谷駅の約500m北東で渡る鮭川。上流方面(北西)。2020年8月。
2013年8月(1枚)、2018年3月(10枚)、2020年8月(7枚)、2021年4月(4枚)に撮影しました。
古口駅周辺の最終ページです。
広告
掲載内容は撮影時または編集時のものです。運賃や写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。
近隣地区のページ
JR陸羽西線
下り 西へ7駅:砂越(羽越本線)
写真が満載の
townphoto.net
山形県の
目次へ
ページの
上部へ
山形県最上郡戸沢村
古口駅周辺 その1~3 画像72枚
1 古口駅から舟下り入口まで(24枚)
2 舟下り乗船所付近と西側車窓(26枚)
3 役場付近と東側車窓(22枚)
サイト内の記事をランダムに表示しています



Home
> 山形県 > 役場付近と東側車窓 | 山形県戸沢村を大紹介 撮影写真72枚 のページです。