☆豊富なオリジナル風景・街並み写真で大紹介☆
townphoto.net(タウンフォト ネット)
Home
東京都
区部
地図
その1
その2へ
江東区 豊洲駅周辺 その1(とよす)
豊洲駅前とオフィスビル街
広告
東京メトロ有楽町線(左・地下鉄)と新交通ゆりかもめ(右)が連絡する豊洲駅。豊洲駅付近は1923年(大正12年)に発生した関東大震災の瓦礫を処理した埋め立て地。それ以前は海でした。
ゆりかもめは2006年(平成18年)3月27日に有明から豊洲まで延伸開業。将来の晴海方面への延伸を見越して軌道の先端部がカーブしています。
豊洲駅前交差点。ゆりかもめの駅がある南西方向を2枚。ゆりかもめ豊洲駅の2019年度1日平均乗降人員は28,916人。新橋まで14.7kmの全線乗車で約30分、388円。左右方向は晴海通り。
左には豊洲シエルタワー、右には江東区豊洲シビックセンター(ホールがある文化センター・豊洲図書館・区の出張所など)。地下鉄の豊洲駅出入口は交差点4つの角ともう少し北西にあります。
豊洲駅前バス・タクシーロータリー(交通広場)。前方で豊洲ベイサイドクロスタワー(オフィスやホテル)を建設中でした。前の2枚と同じく南西方向(左に豊洲シビックセンター)。
ロータリー北西方向。右は晴海通り沿いのオフィスビルで、右端から豊洲センタービル、豊洲フロント。
晴海通り、北西方向。ロータリー出入口(左)前。
豊洲駅前交差点の北側に建つ豊洲センタービル(左・1992年竣工)とアネックス(中央のビル・2006年竣工)。NTTデータ本社などが入居。
豊洲センタービル側、地下鉄の出入口3前。有楽町線豊洲駅は1988年(昭和63年)6月8日開業、2019年度1日平均乗降人員は227,843人。有楽町へ約7分、168円(2021年8月現在)。
北西へ進んだ地点。
大型ショッピングセンター、ららぽーと豊洲の一部分。背後には晴海橋付近の高層マンション。
地下鉄豊洲駅の通路は右の豊洲フロント(2010年竣工)まで伸びています。
北西へズーム。右は手前から豊洲フォレシア(2014年竣工)、豊洲キュービックガーデン(2011年竣工)、豊洲IHIビル(2006年竣工)。大規模オフィスビル街化が急速に進んでいます。
晴海通り、南東方向。バスタクシーのりば前の地下鉄出入口2。
車道側。将来ゆりかもめが頭上を走るかもしれない道です。
南東へ進み、道路沿いのバス停、地下駐輪場出入口とシェアサイクルポート(右)。
広告
豊洲駅前交差点。晴海通り南東方向。左は少し先に区立豊洲小学校や深川第五中学校があります。右に目を向けると次の写真です。
豊洲シエルタワー(マンション)の商業・医療施設部。
交差点北側の角へ移動して、晴海通り南東方向。
南東へズーム。右は大きめのビルが並びます。
交差点北東方向(ゆりかもめの反対側)。
交差点東側の角付近。巨大ビルではない部分の豊洲の街並み。
北東へ少し進んだ地点。豊洲センタービルアネックス前。
向かいの商業地。ここまでは2018年の撮影です。
ここからは2012年の撮影です。ゆりかもめ豊洲駅ホームより、バスのりば・豊洲センタービル・豊洲フロントなどを望む北方向。
軌道の先端部がある北東方向。
台場や新橋へ向かう南西方向。前方右に次の新豊洲駅近くの晴海大橋が見えます。
南西へ1kmほど走行し、北西側の車窓風景。右に晴海大橋。左の豊洲大橋を渡って左に2020東京オリンピック・パラリンピックの選手村、渡って右に選手村ビレッジプラザ(店など)が作られました。
ゆりかもめ側4枚は2012年11月、他は2018年3月に撮影しました。
続き:芝浦工大・三商・枝川一方面へ
広告
近隣地区のページ
メトロ有楽町線
北西へ5駅:桜田門
メトロ有楽町線
南東へ2駅:新木場
ゆりかもめ
上り 南へ4駅:有明
近く(北):越中島
写真が満載の
townphoto.net
東京都の
目次へ
ページの
上部へ

地図のや車窓で当ページを撮影しました。
東京都江東区
豊洲駅周辺 その1~2 画像58枚
1 豊洲駅前とオフィスビル街(28枚)
2 芝浦工大・三商・枝川一方面へ(30枚)
掲載内容は撮影時または編集時のものです。写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります(運賃やダイヤは2021年8月時点)。


サイト内の記事をランダム表示しています。