☆豊富なオリジナル風景・街並み写真で大紹介☆
townphoto.net(タウンフォト ネット)
Home
東京都
多摩
地図
その1
その2へ
府中市 中河原駅周辺 その1(なかがわら)
中河原駅と北側商店街
広告
その1の1.中河原駅~鎌倉街道(新府中街道)

中河原駅のメインの出入口となる雰囲気の駅北側の様子。右が駅。手前は鎌倉街道。スーパーのライフ府中中河原店が入る再開発ビルは1995年に完成。

駅北側出入口。中河原駅は1925年(大正14年)3月24日開業。高架化した1974年(昭和49年)の航空写真では北側は再開発区域も住宅街、南側は鎌倉街道を離れると農地が多く見られました。

中河原駅改札口。左に北側、右に南側の出入口があります。2019年度1日平均乗降人員は25,845人。この写真と次のホーム写真は2013年、他は2011年撮影です。

中河原駅ホーム。府中へ2駅、4分、126円。新宿~中河原間は日中約28分、325円(府中で特急と普通を乗り継ぐ場合で2021年8月現在)。

中河原駅北側出口付近。西方向。

北方向。右の再開発ビル3~4階部分は駐車場、5~12階はマンション。ライフのほか府中市女性センター、JAマインズ、不動産屋等が入居。

駅前の歩道橋より、鎌倉街道(都道18号)北方向。

左のりそな銀行は駅前通り商店会の角。右には交番。

夜間の様子。北多摩郡中河原村は1889年(明治22年)の合併で西府村の南部になり、1954年(昭和29年)の合併で府中市になりました。

バス・タクシー乗り場の冬季イルミネーション。

旧鎌倉街道が右に分かれる中河原駅北交差点へズーム。

約550m先を中央自動車道の高架が横切ります。

中河原駅北交差点で北向き。ここから北の鎌倉街道(都道18号バイパス)は新府中街道と呼ばれ始めました。

南向き。

鎌倉街道(新府中街道)を北へ進んで行きます。

前の画像左端に写っている飲食店ビルの前。右は法音寺。

サンドラッグ前。右には府中おともだち幼稚園。

366リハビリテーション病院前の2枚。

府中市議会平成28年(2016年)第1回定例会の一般質問通告表によると、その2年前の2014年頃に道路通称名が鎌倉街道から新府中街道に変わりました。

吉野家やファミレスが集まる交差点で北向き2枚。中河原駅から約300m。

このガストはその後、グラッチェガーデンズに変わったようです。

南向きでズーム。左の建物は吉野家隣の八千代銀行。

広告

その1の2.住吉銀座・旧鎌倉街道

中河原駅北交差点で東向き。旧鎌倉街道と住吉銀座への入口。

栄楽亭の右、商店街の住吉銀座入口。

再開発ビル北側に沿う整備された道。

更に東へ進んだところ。

栄楽亭の左は旧鎌倉街道(都道18号、鎌倉街道商店会)。

旧鎌倉街道、北東へズーム。バイパス側が鎌倉街道から新府中街道に変わりましたので、こちらを「旧」で区別する必要はなくなりそうです。





その1の3.駅西側・駅前通り商店会

鎌倉街道に面する中河原駅舎の西側出入口。

鎌倉街道南方向。駅舎の向かいの高架下、旭鮨前。

南方向、駅舎側の歩道。

京王線高架沿いに西方向。旭鮨の先に臨時改札口があります。

朝ラッシュ時のみ開く入場専用の臨時改札口。西友裏側付近。朝は普通列車以外に区間急行も停車。

西友の表側、駅前通り商店会。

駅前に架かる歩道橋から。

駅前通り商店会(四谷通り)に入ったあたり。スーパーの西友中河原店前。

西へ進んだところ。イトウフォト・エネオス前。

更に西へ続く商店街の様子。
2011年2月(34枚)と12月(夜景2枚)、2013年1月(改札・ホームの2枚)に撮影しました。
続き:中河原駅南側~多摩川
広告
近隣地区のページ
京王線
上り 東へ3駅:東府中
京王線
下り 西へ2駅:百草園
写真が満載の
townphoto.net
東京都の
目次へ
ページの
上部へ

その1の1.中河原駅~鎌倉街道(新府中街道)
その1の2.住吉銀座
その1の3.駅西側・駅前通り商店会
東京都府中市
中河原駅周辺 その1~2 画像79枚
その1 中河原駅と北側商店街(38枚)
その2 中河原駅南側~多摩川(41枚)
掲載内容は撮影時または編集時のものです。写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。


サイト内の記事をランダム表示しています。