☆豊富なオリジナル風景・街並み写真で大紹介☆
townphoto.net(タウンフォト ネット)
Home
東京都
近隣
後半へ
西多摩郡瑞穂町 みずほまち・はこねがさき
箱根ケ崎駅~中心街~役場~展望台
展望地はページ内の後半です。
広告
1.箱根ケ崎駅と駅前

箱根ケ崎駅から見た整備中の西口ロータリー。周辺でも区画整理事業が行われていました。

JR八高線 箱根ケ崎駅西口とモニュメント。この橋上駅舎は東西自由通路が併設され、2004年に供用開始。

箱根ケ崎駅と日の出。このページは写真枚数の少ない西口側を始めに掲載しました。

駅から西へ少し離れますが新青梅街道沿い(夕方)。中古ショップのドラマ箱根ヶ崎店前。

北へ進んだ地点。

西口側の大型店3店(いずれも瑞穂店)。スーパーのオリンピック、家具のニトリ、スポーツカムイ。

駅に戻って改札口前。箱根ケ崎駅は瑞穂町内唯一の鉄道駅。町の人口は約3万3千人。駅開業は1931年(昭和6年)。2018年度1日平均乗車人員は4,490人(乗降は倍の9千人程度)。

改札内の様子。八王子からは北へ約21分、330円。立川へ乗り換え時間を含め約25分、242円。新宿へ約60分、770円。朝上り2本、夜下り2本の列車は東京駅直通。

改札内、瑞穂町の特産品と観光コーナー。織物の村山大島紬、東京狭山茶、日本酒、東京だるま、催し物の案内や写真。

箱根ケ崎駅ホームと八高線下り方面(北方向)。北隣の駅は埼玉県(入間市の金子駅)。

ここからは東口側です。駅舎から見た駅前。バスは入間市、武蔵村山市、青梅線方面やザ・モールみずほ16行きが発着。

瑞穂町中心街側の出入口となる箱根ケ崎駅東口。改築前の旧駅舎も線路の東側にありました。

駅の階段・エスカレーター付近で北向き。東口の駅前広場は撮影より少し後に町ではなく都によって再整備されました。

道路寄りで北向き(左端の建物が前の画像の中央部)。右の都道166号に架かる青い歩道橋から見た駅前が次の2枚です。

歩道橋より、南方向。都道166号は撮影より少し後に拡幅整備されました。上北台駅から武蔵村山市経由で延伸してくる計画の多摩都市モノレールを建設する準備かもしれません。

南西方向。右やや奥に駅舎。画像中央部の白い建物の左右から南へ伸びる道が次の2枚です。

白い建物の左側から南へ伸びる道。

白い建物の右側。居酒屋やスナックが集まる駅前飲み屋街。

再び歩道橋より。都道166号北方向。ページ後半の展望写真にも写っているセザールマンション付近。左奥はザ・モールみずほ16(西友LIVIN)屋上の緑色の看板が見えます。

東方向。住宅地を200mほど進むと旧日光街道へ出ます。





2.旧日光街道~青梅街道

歩道橋より東へ進み、旧日光街道に出て南方向。右が箱根ケ崎駅方面。

旧日光街道北方向。五街道ではなく八王子と日光を結んだ日光脇往還のことです。

旧日光街道(日光脇往還)を北へ。このあたりは街道の箱根ヶ崎宿でした。

青梅街道と交差する旧日光街道交差点。

青梅街道西方向。

青梅街道東方向。瑞穂町の中心街的な雰囲気の商店街が形成されています。

青梅街道を東へ進んだ地点。

反対向き(西)。瑞穂町歌が刻まれた箱根ヶ崎時計台。

更に東への移動途中で西向き。

東へ進み、瑞穂町役場南交差点。

左折の北方向。中央部に瑞穂町役場(屋上に緑の看板)、奥の高台にページ後半の慰霊塔やビューパークがあります。

南方向。JAにしたま瑞穂支店。

南東へカーブした青梅街道を進み、穂町役場入口バス停。立川駅~武蔵村山~箱根ヶ崎と西武柳沢~都営青梅車庫の路線。

店舗が少なくなってくる区間、ビジネスホテル スズキヤ前。

更に南東でズーム。前方の信号機付き交差点を過ぎると次の写真の地点。

町指定有形文化財の吉野岳地蔵堂(左)と瑞穂第一小学校前バス停。

広告

3.瑞穂町役場~慰霊塔~瑞穂ビューパーク

先ほども見えた瑞穂町役場(左)の前。南方向。瑞穂町は1940年(昭和15年)に箱根ヶ崎村等の4村合併で発足。町名は役場HPの解説を読む限り美しさや縁起で選ばれた抽象名。

役場の北側、高台の慰霊塔へ上る階段で振り返ったところ。南方向(正確には南南西)。

南南西へズーム。左の白い建物が瑞穂町役場。奥に横たわる黄土色の部分は米軍横田基地。

戦没者慰霊塔。右奥には平和祈念碑。

平和祈念碑。

慰霊塔・祈念碑付近より。ほぼ真南。中央右で目立つ建物はレイクマンション瑞穂。

レイクマンション瑞穂のすぐ左(すぐ東)。ジョイフル本田瑞穂店(画像中央部)方面。

慰霊塔の西側。瑞穂ビューパーク内のジュンサイ池公園。

ジュンサイ池公園より一段高い道路からの景色。南西方向。

西方向(北北西寄り)。奥に河辺駅周辺市街地(青梅市)。

河辺方面へズーム。右奥に凸型の本仁田山。一番奥の中央やや右に尖った鷹ノ巣山。いずれも奥多摩町の山。

瑞穂ビューパークの競技場(グラウンド)。左には当日工事中だったスカイホール。

南西へズーム。やや右のサッカーゴールの上に駅前の青い歩道橋からも見たセザールマンション。その少し左に箱根ケ崎駅の弧を描く屋根賀見えます(約900m先)。奥は羽村市街。





4.六道山展望台まで

瑞穂町東部、武蔵村山市にまたがる都立野山北・六道山公園。狭山丘陵の大自然の中を六道山展望台へと続く遊歩道を2枚。

開園予定区域を含め東西約3.5kmの巨大公園です。瑞穂町側の六道山と武蔵村山市側の野山北を合わせた公園名。

六道山展望台付近へ出たところ。この展望台は都立野山北・六道山公園に隣接する町立六道山公園内にある町立施設です。

瑞穂町立 六道山展望台。箱根ケ崎駅から直線距離で約2km。国土交通省 関東地方整備局「関東の富士見百景」のひとつ。

標高192mの六道山山頂に建つ高さ13mの六道山展望台。計205mの高さからの眺め。南方向。

展望台上の様子。水色の板はここから見える山の名前などが書かれた展望サイン。

西方向。展望サインには富士山が記載されています。

北西方向。

北方向。

北東の埼玉方面。

東の西武ドーム方面。

北東へズーム。

東へズーム。西武ドームが左奥に。東南東へ約30kmの新宿高層ビル街が中央やや左の奥に。

南へズーム。

南西の横田基地付近へズーム。滑走路の北半分は瑞穂町内です。
2012年1月・2月・3月に撮影しました(画像64枚掲載)。
駅名のみ「ケ」を大きな文字で表記しました。
広告
近隣地区のページ
JR八高線
上り 南へ2駅:拝島
JR八高線
下り 北へ3駅:高麗川
東京都の目次へ
このページの上部へ
写真が満載の地域紹介サイト
townphoto.net ホームへ
サイト内の記事をランダムに表示しています