写真が満載の地域紹介サイト townphoto.net > 新潟県 > 東蒲原郡阿賀町 > JR磐越西線 つがわ
(地図のの部分と車窓)
津川駅と駅前・阿賀野川
風景・街並み等30枚


画像サイズ(下の写真をクリックしても大きく表示します)
 ほか
JR磐越西線 津川駅。2005年に2町2村が合併して誕生した阿賀町の中心的な駅です。
津川駅舎玄関とキツネの嫁入り像。
駅前の県道174号、東方向。左に(旧)津川町や合併相手の(旧)鹿瀬町の案内塔があります。
駅前広場。西方向。
県道174号西方向。
西へ100mほど進み、津川駅前交差点。前方や左折方向は国道49号。
交差点以西の国道沿いの様子。
津川駅前交差点、南方向。国道49号のきりん橋方面。
きりん橋(麒麟橋)。
きりん橋から見た阿賀野川。下流方面(西)を3枚。
この付近の阿賀野川は新潟県立津川漕艇場となっています。
阿賀野川上流方面(東)。約1km先の左側に神話の麒麟のような姿をした麒麟山が見えます。
駅の対岸、阿賀町の中心でもある津川の中心街。2015年時点の阿賀町の人口は約1万2千人、うち旧津川町域には約4千人。
列車が行き違いのため10数分停車した隙に出歩いたので、中心街まで行かず駅に戻りました。
津川駅跨線橋より、磐越西線上り方面(東)。隣駅は合併相手だった鹿瀬町の鹿瀬駅。
下り方面。隣駅は合併相手だった三川村の三川駅。快速で五泉へ約35分、500円、新潟へ約67分、970円。
かつて先程の麒麟山に狐が生息し、狐火(火の玉)が嫁入り行列の明かりのように多数灯っていたことから、狐の嫁入り行列の似合うまち。
SLばんえつ物語に雰囲気を合わせた駅名標と、動物のような待合室。
あらかわいい待合室「オコジロウの家」。オコジロウとはイタチ科のオコジョを基にしたSLばんえつ物語のキャラクター。
オコジロウの家内部におじゃま。
毎年5月3日に開催される狐の嫁入り行列のイベント写真が駅名標に。
津川駅ホーム。10数分の行き違い停車中にホームをぶらぶらする人が結構いました。
ホームに設置された観光ガイドマップを2枚。
阿賀町HPによると「津川の狐火は世界一で、麒麟山にまつわる狐火の話しは数多くあります」。世界一の怪奇現象の街!?
ここからは津川駅から西へ向かう車窓風景です。対岸に「津川漕艇場」と書かれている場所。
落石が危険なため廃道となった国道49号旧道。新道は対岸をトンネルで抜けています。
揚川ダム湖になるあたり。右奥に国道49号新道の橋が見えます。その奥に揚川ダムがあります。
隣の三川駅の少し手前、阿賀野川ライン舟下り乗船場とカフェ。
三川駅を過ぎて、阿賀野川を渡る鉄橋より。上流方面。
2014年10月(車窓)、2015年3月(雲)、2016年3月(晴)に撮影しました。
スポンサーリンク
次の掲載駅(下り):五泉
(下り・北西←)
-
猿和田
-
馬下
-
咲花
-
東下条
-
五十島
-
三川
-
-
鹿瀬
-
日出谷
-
豊実
-
徳沢
(→上り・東)
会津若松方面
トップ > 新潟県 > 県内の掲載地域一覧(主に駅名です)
新潟市    :(中央区)新潟駅[古町本町萬代橋など] (北区)豊栄 (江南区)亀田 (秋葉区)新津
新潟市より北東:(新発田市)西新発田 新発田 (胎内市)中条 (村上市)坂町
新潟市より東 :(五泉市)五泉 (阿賀野市)水原 (阿賀町)津川駅前
長岡~十日町・湯沢:(長岡市)長岡 宮内 (南魚沼市)浦佐 (十日町市)十日町 (湯沢町)越後湯沢
柏崎・上越・妙高:(柏崎市)柏崎 (上越市)直江津 高田 脇野田 (妙高市)北新井 新井


掲載内容は撮影時または編集時のものです(運賃は税8%)。 写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。 | 五十音順目次 都市一覧目次