Home
都市圏
目次へ
townphoto.net都市圏目次

大阪府の市町村合併地図と大阪都構想(区毎通勤圏)
ページ前半に平成の大合併、後半に大阪都構想4区への
現24区毎の通勤割合表を掲載しています。

市町村合併地図 (クリックタップで後半の都構想へ)
平成12年(2000年)以降の合併です。
大阪府の平成の大合併は堺市のみでした。
赤文字は旧市町村、灰色は未合併です。



堺市 2005年2月1日に、1市1町で合併。
人口839,310人、面積149.82k㎡。
自治体名と
平成27年
国勢調査
の人口
平成12年国勢調査での通勤先(%)
合併前の市内・町内と多い順1~5位。
★は合併相手。


人口
割合

堺市
800,154
市内
57.7
大阪市
27.0
和泉
1.6
東大阪
1.1
★美原
0.99
高石
0.9




95.3
-0.3
美原町
39,156
町内
35.5
大阪市
25.1
★堺
14.8
松原
5.1
富田林
3.3
羽曳野
2.6
4.7
-0.3
人口と面積は平成27年(2015年)、通勤は平成12年(2000年)の
データです。出典:国勢調査結果(総務省統計局)。

表の右端の「人口割合・増減」は、1行目は合併後の
新市町村内で各旧市町村が占める人口の割合(%)、
2行目は2010年から5年間での人口増減率(%)で増加は青、
減少は赤です(1行目と2行目は直接関連しない数値です)。

堺市の政令指定都市移行を目的とする編入合併でした。
旧美原町は区としては人口が少ないものの現在は堺市美原区。
美原区に鉄道駅は無く、主に市内他区や松原市の駅からバス。
旧美原町は5市に囲まれ、旧堺市以外の4市は人口6~12万人。
80万人の旧堺市相手では規模差が大きいですが、区名として
存在感は残り、生活圏からも逸脱しない合併と思われます。



広告



大阪都構想 (クリックタップで前半の合併図へ)
大阪市の現24区から、都構想での新4区への通勤割合の表です。
平成27年国勢調査の値(人数)から%を算出しました。
通学人数は前年廃止の高校学区制の影響が残るため含めません。

新4区の居住人口は
[新]淀川区約60万人、[新]北区約75万人、
[新]中央区約71万人、[新]天王寺区約64万人とほぼ均一化。
財政規模も均一化を目指した区割りとのことです。

下図の区名は現在の24区です。新4区で色分けしました。
★は新4区の本庁舎が置かれ、新4区の区名にもなる区です。

平成27年国勢調査での通勤先(%)
現24区での自区内通勤を除きます
(例えば此花区在住の就業者のうち西淀川区
+東淀川区+港区+現淀川区へ通勤する割合
が7.6%)。左から五十音順です。
赤数字への通勤が最も多いです。
[新]淀川区
になる現5区→

此花

西淀川

東淀川


淀川
- -
[新]淀川区へ 7.6 8.6 7.3 6.0 5.2
[新]北区へ 15.4 12.9 11.9 8.4 11.3
[新]中央区へ 13.9 10.2 9.8 23.3 11.0
[新]天王寺区へ 2.0 1.5 1.5 2.4 1.4
交通面・生活面の一体性の弱さが通勤流動にもみられ、人口や
財政の均一化を優先させる方針が最も強く表れた区割りです。
(現)淀川区は新大阪駅の所在地で将来はリニア駅も建設予定。
 
[新]北区
になる現7区→



城東

鶴見

東成

福島

都島
[新]淀川区へ 4.3 5.1 3.9 3.3 3.2 9.0 5.1
[新]北区へ 19.6 5.0 19.3 16.4 10.8 15.2 20.8
[新]中央区へ 12.1 15.3 16.7 14.0 17.3 15.6 14.5
[新]天王寺区へ 2.5 2.1 3.6 2.9 8.8 2.1 2.7
(現)北区は梅田・大阪駅・中之島・市役所等がある都心北部。
東成区は[新]中央区への方が行き易く、通勤割合差も大きめ。
 
[新]中央区
になる現7区→

大正

中央

浪速

西

西成

住之江

住吉
[新]淀川区へ 7.9 2.7 3.5 5.7 3.3 4.4 3.1
[新]北区へ 6.6 11.5 7.1 11.4 5.4 6.4 7.2
[新]中央区へ 19.9 6.9 21.5 19.4 19.7 20.4 21.0
[新]天王寺区へ 2.7 4.3 3.6 2.3 4.6 4.1 10.0
(現)中央区は本町・なんば・府庁・大阪城等がある都心部。
 
[新]天王寺区
になる現5区→

阿倍野

生野

天王寺

東住吉

平野
- -
[新]淀川区へ 3.5 2.5 2.8 2.9 2.5
[新]北区へ 8.9 8.4 10.7 7.3 6.0
[新]中央区へ 24.1 12.0 20.2 17.1 12.1
[新]天王寺区へ 8.7 9.6 7.0 14.3 10.1
天王寺駅南側の阿倍野区も[新]天王寺区の中心といえる場所。
生野・東住吉・平野は[新]天王寺区内への通勤も[新]中央区と
同等に多めで、(現)天王寺区か阿倍野区が中央区への経由地。



広告



↓サイト内の写真掲載ページへのリンク
北区 大阪駅前

中央区 難波

中央区 本町駅まで

Home
都市圏
目次へ
最上部へ
townphoto.net都市圏目次

【北海道・東北目次】
北海道(未掲載です)
青森県
通勤流動
岩手県
通勤流動
都市圏
合併
ゾーン
宮城県
通勤流動
通勤流出入
ゾーン
人口
秋田県
通勤流動
ゾーン
山形県
通勤流動
都市圏
ゾーン
福島県
通勤流動
都市圏・合併
【関東目次】
茨城県(未掲載です)
栃木県
通勤流動
都市圏・合併
群馬県
通勤流動
都市圏
合併
埼玉県
通勤流動
都市圏
合併
千葉県
通勤流動
都市圏
合併
東京都(未掲載です)
神奈川
通勤流動
都市圏
合併
【北陸・甲信越目次】
新潟県(未掲載です)
富山県
通勤流動
都市圏
合併
石川県
通勤流動
都市圏
合併
福井県
通勤流動
都市圏
合併
山梨県(未掲載です)
長野県
通勤流動
都市圏
合併
【東海目次】
岐阜県(未掲載です)
静岡県(未掲載です)
愛知県(未掲載です)
三重県
通勤流動
【近畿目次】
滋賀県
通勤流動
京都府(未掲載です)
大阪府
合併・都構想
兵庫県(未掲載です)
奈良県(未掲載です)
和歌山
通勤流動
【中国目次】
鳥取県
通勤流動
島根県(未掲載です)
岡山県(未掲載です)
広島県(未掲載です)
山口県
通勤流動
【四国目次】
徳島県
通勤流動
香川県
通勤流動
愛媛県(未掲載です)
高知県
通勤流動
【九州・沖縄目次】
福岡県(未掲載です)
佐賀県
通勤流動
長崎県(未掲載です)
熊本県(未掲載です)
大分県(未掲載です)
宮崎県
通勤流動
鹿児島(未掲載です)
沖縄県
通勤流動

このページの履歴:
2020.10.28 公開しました。