Home
都市圏
目次へ
townphoto.net都市圏目次

福井県の市町村合併考察 計10か所

都市圏 新市町村名/旧市町村数/分類記号/備考






福井 福井市 4
坂井市 4 坂井郡内4町
あわら市 2 芦原温泉と芦原温泉駅
永平寺町 3 松岡が要であり経由地
大野市 2 大野サブ圏的な地区




越前町 4 × 市への吸収回避
南部は武生都市圏
武生 越前市 2 武生市含む
南越前町 3

敦賀/
小浜
若狭町 2 × 市への吸収回避
- おおい町 2 2005年のデータなら
小浜都市圏内合併(◎)
新市町村名をクリックタップしますと下部の表へ移動します。
都市圏欄は合併区域の主要部が所属する都市圏です。
【分類記号】
●:都市圏またはサブ圏の中心都市と、通勤先1位が
  合併区域内である市町村との合併。
◎:中心都市を含まない都市圏内・サブ圏内の合併。
△:上記以外で複数の都市圏には跨らない合併。
×:複数の都市圏に跨る合併全て。


市町村合併地図 (クリックタップで都市圏図へ)
平成12年(2000年)以降の合併です。
赤文字は旧市町村、黒文字は新市町村名、
下線は継続名称、灰色は未合併。




都市圏明細マップ (赤文字が都市圏の中心)
通勤10%圏を基本とする独自算出の都市圏です。
赤の点線で合併範囲の地名を囲みました。
都市圏毎に着色(上の図とは無関係の色です)。


以降の人口と面積は平成27年(2015年)、通勤は平成12年(2000年)のデータです。出典:国勢調査結果(総務省統計局)。
合併後の市町村人口右側の%は、平成22年から平成27年までの5年間での人口増減率です。

表の右端に追加した「人口割合・増減」は、1行目は合併後の新市町村内で各旧市町村が占める人口の割合(%)、
2行目は5年間での人口増減率(%)で増加は青、減少は赤です。1行目と2行目は直接関連しない数値です。

福井坂井地区(嶺北の一部)

福井市 2006年2月1日に、1市2町1村で合併
人口26,5904人(-0.3%)、面積536.41k㎡。
右の記号はページ上部の表に対応します。
自治体名と
平成27年
国勢調査
の人口

従/就
内/住
平成12年国勢調査での通勤先(%)
左から多い順1~5位。1%未満略。
10%以上を太字、都市圏毎に着色。




人口
割合

福井市
250,970
1.20
87.2
鯖江
2.6
春江
1.6
武生
1.5
丸岡
1.3
-



- 94.4
+0.1
清水町
9,585
0.62
34.5
福井
49.9
鯖江
6.2
武生
3.1
朝日
1.5
- - 3.6
-4.4
美山町
4,097
0.63
48.2
福井
39.8
大野
5.1
鯖江
1.3
- - - 1.5
-9.6
越廼村
1,252
0.71
58.8
福井
26.2
三国
2.5
鯖江
2.3
清水
★1.9
越前
1.9
- 0.5
-15.8
★は合併相手。福井都市圏内の合併です。
左端の背景色付き(ここでは福井市)は都市圏の中心。
欄の上の行は従業者/就業者比、下の行は自市町村内従業率。


広告


坂井市 2006年3月20日に、4町で合併
人口90,280人(-1.8%)、面積209.67k㎡。
丸岡町
31,806
0.82
51.1
福井
28.3
金津
4.1
春江
★3.8
坂井
★2.9
松岡
2.8




- 35.2
-2.0
春江町
24,596
0.81
42.3
福井
37.7
丸岡
★5.2
坂井
★3.6
金津
3.1
三国
★3.0
- 27.2
+0.4
三国町
21,057
0.94
63.4
福井
16.9
芦原
4.4
金津
4.2
春江
★3.4
坂井
★2.8
- 23.3
-4.3
坂井町
12,821
0.81
38.4
福井
28.7
春江
★7.8
丸岡
★7.7
金津
5.7
三国
★5.3
- 14.2
-0.9
★は合併相手。
福井都市圏北部の坂井郡4町で合併。
丸岡→三国は1.7%、三国→丸岡は2.2%(各6位通勤先)。

市域東部の丸岡は現存12天守の1つがある城下町、西部の三国
は新旧の港や景勝地東尋坊で有名で、市域中央部に春江・坂井
が立地。
JRが福井市内駅-春江駅-旧坂井町にある丸岡駅、の順。
私鉄が福井市-旧春江町-旧坂井町-旧芦原町-旧三国町。
車では福井市-旧春江町-旧坂井町の端-旧三国町の順。

旧三国町からの通勤先は次の欄のあわら市になった芦原・
金津へが2位・3位ですが、どちらにしても福井都市圏内合併
であり、郡名由来の坂井市のほうが新市名の違和感は少ない
と思われます。



あわら市 2004年3月1日に、2町で合併
人口28,729人(-4.2%)、面積116.98k㎡。
金津町
16,881
0.99
53.9
福井
17.9
丸岡
6.6
芦原
★4.4
三国
4.2
坂井
4.0




- 58.8
-2.5
芦原町
11,848
0.78
53.6
福井
14.0
三国
10.9
金津
★8.4
春江
3.7
坂井
3.1
- 41.2
-6.5
★は合併相手。
有名な芦原(あわら)温泉がある旧芦原町と、JR芦原温泉駅が
ある旧金津町とが合併。
逆に金津警察署は旧芦原町にありましたが、市の発足と同日
にあわら警察署に改称。
2町とも旧坂井郡で、中心部間約3.5kmと互いに最も近い町。
市名は人口が少ない方の芦原を平仮名化。
合併時は人口3万人以上だったので市制施行。

芦原からは三国も約4kmと近く、通勤者数は三国へが上回り
ますが、三国との合併では市名で揉めそう。
JR芦原温泉駅は前の欄の坂井市丸岡駅の隣駅で、長距離特急
が多数停車。
温泉街である芦原中心街には、えちぜん鉄道の駅あり。



永平寺町 2006年2月13日に、2町1村で合併
人口19,883人(-3.7%)、面積94.43k㎡。
松岡町
11,160
0.78
39.7
福井
43.7
丸岡
4.1
永平寺
★2.2
春江
1.8
金津
1.3




- 56.1
+0.02
永平寺町
5,720
0.64
43.0
福井
39.0
丸岡
4.4
松岡
★3.7
春江
1.5
上志比
★1.5
- 28.8
-7.6
上志比村
3,003
0.54
36.8
福井
36.6
勝山
6.9
永平寺
★5.5
松岡
★3.2
丸岡
2.9
- 15.1
-9.0
★は合併相手。
福井都市圏東部の合併です。
えちぜん鉄道・国道416号・中部縦貫道に沿う合併で西から、
福井市-[旧松岡町-旧永平寺町-旧上志比村]-勝山市の順。
合併前の3町村も合併後の永平寺町も吉田郡。
町名は有名なお寺の永平寺を採用するものの、自治体として
の核は人口が多い旧松岡町と思われ、旧永平寺町・旧上志比村
から福井市へ行く際も旧松岡町が経由地。



奥越地区(嶺北の一部)

大野市 2005年11月7日に、1市1村で合併
人口33,109人(-6.2%)、面積872.43k㎡。
大野市
32,638
0.90
80.4
福井
10.1
勝山
5.3
- - - 福井
都市圏
- 98.6
-6.1
和泉村
471
1.42
93.3
大野
★4.0
- - - - - - 1.4
-12.9
★は合併相手。
旧和泉村が県内で唯一接し、統計でその他に括られない
(10人以上)唯一の通勤通学先である旧大野市と合併。
旧和泉村も大野郡。
国道158号とJR越美北線が福井市側-大野-和泉の順。
山間部のため和泉→大野の通勤は4%に留まりますが、
大野サブ圏的な地区と思われます。


広告


丹南地区(嶺北の一部)

越前町 2005年2月1日に、3町1村で合併
人口21,538人(-7.0%)、面積153.15k㎡。
×
朝日町
8,973
0.66
39.2
鯖江
21.6
福井
20.7
武生
10.1
清水
2.4
織田
★1.7




鯖江
サブ
41.7
-4.3
織田町
4,415
0.81
56.6
福井
11.5
鯖江
10.8
武生
10.01
宮崎
★3.7
朝日
★3.5
- 20.5
-7.4
越前町
4,542
0.69
60.5
武生
11.4
織田
★6.93
鯖江
6.87
福井
5.3
宮崎
★3.2




- 21.1
-11.2
宮崎村
3,608
0.77
41.3
武生
19.7
鯖江
17.0
福井
10.7
織田
★4.4
朝日
★3.4
- 16.8
-7.5
★は合併相手。
福井都市圏の2町と武生都市圏の2町村が、市への吸収を敬遠
するように合併。全体としては鯖江を含む福井都市圏への通勤
が多いです。
旧朝日町・旧織田町・旧宮崎村は旧福井・武生・鯖江のうち
2~3市への通勤割合が拮抗しており、合併相手を1つの市には
絞れなかったという事情もありそうです。
合併前の旧4町村も合併後の越前町も丹生郡で、広域行政は
武生・鯖江と同じ丹南地区。
旧越前町中心部や旧織田町から武生・鯖江・福井へ行く際は
合併相手が経由地。旧4町村に鉄道なし。
旧越前町は「越前がに」の最大水揚げ地。



越前市 2005年10月1日に、1市1町で合併
人口81,524人(-4.8%)、面積230.7k㎡。
武生市
69,819
1.08
76.5
鯖江
8.9
福井
8.4
今立
★1.2
- -



- 85.6
-4.5
今立町
11,705
0.70
53.9
武生
20.5
鯖江
13.5
福井
8.8
- - - 14.4
-6.6
★は合併相手。
新市名が武生市でも不思議はなかった武生都市圏内合併です。
武生は越前国の国府が置かれた中心地。とはいえ旧越前町が
以前から存在し、新しい越前町も越前市より8か月早く発足
しており、越前市と越前町が隣り合うことになりました。



南越前町 2005年1月1日に、2町1村で合併
人口10,799人(-6.5%)、面積343.69k㎡。
南条町
5,306
0.58
40.7
武生
34.5
福井
7.9
鯖江
7.7
今庄
★5.3
敦賀
1.2




- 49.1
-2.8
今庄町
3,836
0.78
57.1
武生
22.7
福井
6.5
鯖江
4.9
南条
★3.6
敦賀
3.3
- 35.5
-10.0
河野村
1,657
0.46
38.9
武生
40.7
敦賀
5.2
鯖江
4.5
福井
3.3
越前
2.4
- 15.3
-9.7
★は合併相手。
武生都市圏南部の合併です。
JR北陸本線・国道365号・北陸自動車道が北から
旧武生市-[旧南条町-旧今庄町]の順。
海側にある旧河野村にとって合併相手は武生へ行く際の
経由地でもありませんが、合併後2013年の国道トンネル
開通で旧南条町が最も近い市町村(平成の合併前の中心部
基準)になることや、武生との合併よりは吸収感が薄い
ことから、3町村合併を選んだと想像できる枠組みです。
旧3町村・南越前町ともに南条郡。


嶺南地域

若狭町 2005年3月31日に、2町で合併
人口15,257人(-5.2%)、面積178.49k㎡。
×
三方町
7,812
0.87
68.9
敦賀
12.7
美浜
6.0
小浜
5.2
上中
★4.7
- 敦賀
都市圏
- 51.2
-5.6
上中町
7,445
0.97
59.7
小浜
26.5
敦賀
4.1
三方
★3.0
大飯
1.6
美浜
1.3
小浜
都市圏
- 48.8
-4.9
★は合併相手。
市への吸収を敬遠したような都市圏跨ぎ合併。
旧2町は人口が対等で、嶺南地域特有の事情として原発が立地
しない点でも対等。広域行政は敦賀も小浜も同じ嶺南地域。
若狭国の一部で旧三方町が若狭湾に面します。
旧三方町は三方郡、旧上中町は遠敷郡、合併後は若狭町のみが
所属する「三方上中郡」を新設。
国道27号・舞鶴若狭自動車道・JR小浜線が、東から
敦賀市-美浜町-[旧三方町-旧上中町]-小浜市の順。
三方-上中の中心部間は約14kmで、美浜-三方や上中-小浜
よりも離れています。



おおい町 2006年3月3日に、1町1村で合併
人口8,325人(-3.0%)、面積212.19k㎡。
大飯町
6,012
1.25
79.4
小浜
8.7
高浜
7.1
京都府
舞鶴市
2.3
- - - - 72.2
-0.6
名田庄村
2,313
0.67
57.8
小浜
32.5
大飯
★2.6
上中
2.2
高浜
1.4
敦賀
1.2
小浜
都市圏
- 27.8
-8.7
★は合併相手。
上の表より5年後の2005年国勢調査では大飯(おおい)→小浜も
10.1%となり、基準値の通勤10%を超えて小浜都市圏化。
人口のほか、財政面でも大飯原発が立地する旧大飯町がおおい町
の核と思われます。
旧大飯町・おおい町は大飯郡、旧名田庄村は遠敷郡。

旧名田庄村中心部(旧村役場~小・中学校付近)からは旧大飯町
中心部よりも小浜市中心部が近いのですが、小浜市への吸収合併
ではなく旧大飯町との対等合併をめざしたこと等を書いた本を
元村長が自費出版していて、合併形式も編入ではなく新設。


まとめ
「福井市、越前市、大野市」
 の3か所は、都市とその周辺部との合併。
 大野市もここに分類してよいかと思います。

「坂井市、あわら市、永平寺町、南越前町、おおい町」
 の5か所は、同一都市圏内の町村同士の合併。
 そのうち南越前町の旧河野村とおおい町の旧名田庄村
 は、市との合併に比べれば対等な相手を選びましたが、
 合併相手が主要経由地ではないうえに人口格差が大きめ
 の合併でした。

「越前町、若桜町」
 の2か所はそれぞれ、福井・鯖江・武生が並ぶ複雑な
 都市圏域、原発立地の有無、という地域特有事情も
 あってか、比較的人口規模が近い町村同士が都市圏を
 跨いで合併しました。

理由不明な組み合わせは、ありませんでした。

Home
都市圏
目次へ
最上部へ
townphoto.net都市圏目次

【北海道・東北目次】
北海道(未掲載です)
青森県
通勤流動
岩手県
通勤流動
都市圏
合併
ゾーン
宮城県
通勤流動
通勤流出入
ゾーン
人口
秋田県
通勤流動
ゾーン
山形県
通勤流動
都市圏
ゾーン
福島県
通勤流動
都市圏・合併
【関東目次】
茨城県(未掲載です)
栃木県
通勤流動
都市圏・合併
群馬県
通勤流動
都市圏
合併
埼玉県
通勤流動
都市圏
合併
千葉県
通勤流動
都市圏
合併
東京都(未掲載です)
神奈川
通勤流動
都市圏
合併
【北陸・甲信越目次】
新潟県(未掲載です)
富山県
通勤流動
都市圏
合併
石川県
通勤流動
都市圏
合併
福井県
通勤流動
都市圏
合併
山梨県(未掲載です)
長野県
通勤流動
都市圏
合併
【東海目次】
岐阜県(未掲載です)
静岡県(未掲載です)
愛知県(未掲載です)
三重県(未掲載です)
【近畿目次】
滋賀県
通勤流動
京都府(未掲載です)
大阪府(未掲載です)
兵庫県(未掲載です)
奈良県(未掲載です)
和歌山
通勤流動
【中国目次】
鳥取県
通勤流動
島根県(未掲載です)
岡山県(未掲載です)
広島県(未掲載です)
山口県
通勤流動
【四国目次】
徳島県
通勤流動
香川県
通勤流動
愛媛県(未掲載です)
高知県
通勤流動
【九州・沖縄目次】
福岡県(未掲載です)
佐賀県
通勤流動
長崎県(未掲載です)
熊本県(未掲載です)
大分県(未掲載です)
宮崎県
通勤流動
鹿児島(未掲載です)
沖縄県
通勤流動

このページの履歴:
2018.2.5 公開しました。
2019.11.27 新市町村名の右に人口増減率を追加、表の右端を旧市町村毎の人口割合・増減率にしました。
2020. 4.22 ページ下部に都市圏関連目次を掲載しました。都市圏を1ページ目、合併を2ページ目という扱いをやめました。