各地を歩き8万枚超の独自写真で地域紹介 townphoto.net
川崎市麻生区&東京都稲城市 わかばだい
若葉台駅周辺
ページ内の記事写真66枚です。  写真: 背景:
目次


1.若葉台駅北側~大型店付近
京王相模原線 若葉台駅北口。新宿から西南西へ約26分(特急と快速乗換え)、325円。渋谷は運賃283円(2021年11月時点)。多摩ニュータウン地区の駅で1974年(昭和49年)に開業。
神奈川県にある駅舎から東京都にある駅前ロータリーへ渡る北口の歩道橋。若葉台駅界隈は都県境上の街。道路は若葉台駅前坂通り、西方向。
広告
駅の向かい。商業施設のフレスポ若葉台イースト。
北口の歩道橋より、若葉台駅前坂通り西方向。奥は京王線車両基地。右は若葉台新都市センタービル。
反対に若葉台駅前坂通り東方向を2枚。左に東京都稲城市若葉台のフレスポ若葉台イースト。
右に神奈川県川崎市麻生区黒川の若葉台駅と、高架下店舗の京王リトナード若葉台。
歩道橋から駅前ロータリーへ出るところ(北向き)。屋根つき通路の左、若葉台新都市センタービル側。
屋根つき通路の右、フレスポ若葉台イースト側。奥は若葉台公園方面へのエスカレーターがあります。
2009年開店のフレスポ若葉台イースト。2階に家電ノジマ。1階・3階にファストフード、スポーツクラブ、美容院、塾等。
歩道橋から見た若葉台駅ホーム。2018年度1日平均乗降人員は27,278人。
歩道橋からロータリーに出たあたりで西向き。左に若葉台新都市センタービル、奥にフレスポ若葉台。
イーストではない以前からある方のフレスポ若葉台。スーパーのヤオコーやツルハドラッグ、服飾雑貨店等が入居。
広告
フレスポ若葉台イースト側からのパノラマ写真。左から、若葉台新都市センタービル、フレスポ若葉台、クリニックモール若葉台、東京都民銀行(現きらぼし銀行)、交番、稲城市立iプラザ、公園方面エスカレーター。
フレスポ若葉台側より。左から、クリニックモール若葉台、iプラザ、交番、公園方面エスカレーター、フレスポ若葉台イースト、駅への歩道橋入口、若葉台新都市センタービル。他に5つの駅がある人口9万人台の稲城市の中で最も賑やかな駅前です。
フレスポ側で東向き。フレスポ若葉台イーストや駅方面。右に若葉台新都市センタービル(1階に郵便局)。
公園方面へのエスカレータを北へ上って、ふれあい橋。
ケーズデンキ稲城若葉台店。フレスポ若葉台イーストのノジマより2年早い2007年にオープン。
ふれあい橋より、若葉台中央通り東方向。
ふれあい橋から見た駅前ロータリーと、若葉台中央通り西方向。間口が狭く見えたフレスポは奥に広くなっています。
ふれあい橋から駅前への階段・エスカレーター。駅~ふれあい橋~若葉台公園間は「iプラザふれあいロード」という名称。
北へ進み、屋根つき通路の先端部。この先は公園のように幅の広い遊歩道になります。
南向き、若葉台駅方面。右のiプラザは図書館・市役所出張所・ホール・スタジオ等の施設。
iプラザ前で西向き。右はスーパー三和・ホームセンターのユニディ。三和・ユニディは若葉台が街開きをした1999年にオープン。
広告





2.(更に北)若葉台公園付近
iプラザふれあいロードを若葉台公園へ向かって北へ。
反対向き、駅方面。
iプラザふれあいロード東側の空き地越しに長嶺方面の風景。空き地にはその後、テレビ朝日若葉台メディアセンターが建ちました。
稲城市長嶺の高層マンション群へズーム。
南向き、駅方面。
北へ。左の上へ行くロードが若葉台公園方面。右を向くと次の写真です。
東方向。ファインストーリアのマンション群。
ロードから北西方向。マンションの若葉台ワーズワースの丘。手前の空き地はその後、ヤマダ電機等のアクロスプラザ若葉台が建ちました。
iプラザふれあいロードを北へ進み、若葉台公園南橋。
反対向き、駅方面。
若葉台公園南橋から東方向パノラマ。左に若葉台公園テニスコート。右の空き地はその後、巨大複合書店のコーチャンフォー若葉台店が開店。発展が続く街です。
若葉台公園南橋から北~東方向。橋を渡った先は若葉台公園(稲城第四公園)。
若葉台公園南橋から西方向。左に若葉台ワルツの杜、右にワーズワースの丘。両方マンション。
公園側から見た若葉台南橋。
広告
若葉台公園。正面にまたファミリー層向けマンションの若葉台ザ・レジデントパークス。
花の段々広場、北東方向。遠く左に長嶺。右奥に駒沢学園キャンパス。
長嶺方面へズーム。
奥の大きな薄茶色校舎が駒沢学園。駒沢女子大学、駒沢女子短期大学、駒沢学園女子中学校・高等学校があり、駒澤大学と同じ曹洞宗の学校で世田谷駒沢から移転。
花の段々広場パノラマ写真。右が駅方面の道。
さらに北へ渡る若葉台公園中央橋。若葉台駅から約900m。
若葉台公園中央橋西側、北西へカーブする尾根幹線道路。多摩市との市境を越えたところにある多摩大学まで約1km。
東側(北東へカーブ)。長嶺~向陽台~稲城市役所へ向かう尾根幹線道路。
前の写真の中央右奥へズーム。駒沢学園方面。駒沢学園付近は若葉台駅と稲城駅の中間で、(仮称)浜坂新駅を設置する構想もあります。
尾根幹線道路越しに南向き。北側から見た花の段々広場付近。
北側から見た若葉台公園中央橋。
若葉台公園中央橋の北側西部。
北側東部、多目的広場。
広告





3.若葉台駅南側~鶴川街道
若葉台駅南口の駅前広場で東向き。こちらは完全に川崎市(麻生区)。
駅出入口前からの景色。南~西方向。塾が多く、稲城市側より静かな雰囲気です。中央部のSAPIX右が4枚後の歩道橋方面。
若葉台駅南口。奥へ通り抜けると北口。
高架下の京王リトナード若葉台。薬クリエイト、レンタルCD・DVD、牛角、くら寿司、啓文堂書店など。
高架下から南口方面。
SAPIX右側の歩道橋。
反対向き。
歩道橋で西向き、小田急線はるひ野駅まで約700m。
歩道橋で東向き。若葉台駅南交差点まで約100m。
若葉台駅南交差点で振り返って西向き。歩道橋が見えます。
同じ交差点、鶴川街道南方向。黒川駅まで約700m。
鶴川街道を少し南へ進んで振り返ったところ。北向き。
鶴川街道を今度は若葉台駅南交差点より北へ進み、若葉台駅入口交差点。北方向を2枚。
南方向。
西方向、若葉台駅前坂通り。駅北口方面。
2010年4月に撮影しました。
広告

1.若葉台駅北側~大型店付近(稲城市)
2.若葉台公園付近(稲城市)
3.若葉台駅南側~鶴川街道(川崎市)
近くの駅:小田急多摩線 黒川
近くの駅:小田急多摩線 はるひ野
広告
サイト内の記事をランダムに表示しています。
掲載内容は撮影時または編集時のもので、現状とは異なる場合がございます。
このページをポスト:
Home
> 東京都 > 川崎市&稲城市 都県境上の街・京王線若葉台駅周辺の紹介(写真66枚)  (C)townphoto.net