☆豊富なオリジナル風景・街並み写真で大紹介☆
townphoto.net(タウンフォト ネット)
Home
東京都
近隣
小金井市 しんこがねい・むさしのこうえん
新小金井駅周辺と都立武蔵野公園
広告
1.新小金井駅西側

新小金井駅上りホーム(武蔵境行き)。JR中央線から支線のように伸びる西武線多摩川の駅。

駅舎は線路の西側。自動改札は未設置。武蔵境から約2分、運賃140円(消費税5%当時)。

新小金井駅舎。

駅前広場、北方向。この右側に駅。

北側から見た駅舎(左)とロータリー。画像中央の茶色と白の建物の間が下の画像。

ロータリーの大木。

茶色と白の間。駅前から西へ伸びる3本の商店街通りのうち北側。

南側から見た新小金井駅と踏切。左に残り2本の商店街への入口があります(2枚後)。

駅東側へ渡る踏切。

2本の商店街入口。右の門をくぐると次の画像。中央左を入ると2枚後です。

西口商店会と書かれた門の先。3本の駅前商店街通りのうち中央。なお駅西側は朝8時台の撮影のため店舗は閉まっています。

3本の商店街通りのうち南側。他の2本と異なり長く続いています。

この長く続く商店街を西へ進む4枚。



広告
2.新小金井駅東側

改札口のない駅東側。三角形のロータリーで3枚。西方向、画像中央部に新小金井駅への踏切。

北東方向。駅東側は午後の撮影です。

南方向。幹線道路の連雀通りへ抜ける道が左右に2本。左前方へ進むのが次の2枚。右前方のマンション側が3枚後。

駅東側周辺は連雀通りへの2本を含め新小金井商店会くりのみ街。

連雀通りへの出口近く。

マンション側の道を南へ進む3枚。



連雀通り側から振り返ったところ。ロータリーまで約100m。

連雀通り東方向。新小金井駅バス停前。バス停の先を左折するとロータリーへ至るもう1本のほう。

東へ進んだ地点。

正一位笠森稲荷大明神(笠森稲荷神社)。

さらに東の様子。

マンション側の道への入口(右)前。連雀通り西方向。バス路線の行き先は武蔵小金井、東小金井、武蔵境、三鷹の4駅。

西へ進み、西武多摩川線踏切付近で2枚。南方向、野川公園・武蔵野公園方面。

連雀通り西方向。

3.武蔵野公園まで

野川公園・武蔵野公園への移動途中。いちご橋から見た西武多摩川線。

公園前へ下る坂道。左は国際基督教大学(ICU)の敷地。右に国際基督教大学構内15番遺跡と書かれた説明板とベンチ。

坂を下った先。前方の横断歩道左が野川公園、右が武蔵野公園。

野川公園北門。新小金井駅から約900m。

都立野川公園の北端部。ここを流れるのが野川。

反対向き(西)、西武多摩川線橋梁の向こうは都立武蔵野公園。多摩川線は4両編成。編成毎に春夏秋冬をあしらったイラスト入り。

西武線車内から見た武蔵野公園。

武蔵野公園に入ったあたり。野川のカモ。

武蔵野公園の野球場。

武蔵野公園を流れる野川沿いに西へ。前方に、やまべ橋。

反対向き。

野川北側の遊水地。

やまべ橋より。西方向(野川上流方面)。

東の下流方面。

公園西部の小高い丘より。西方向。奥の市街地は武蔵小金井駅前。

北方向。中央~右の林は国分寺崖線の部分。そこを上ると住宅街。

東方向。

南方向。

公園南部の森林。

武蔵小金井南口市街へズーム。中央にプラウドタワー武蔵小金井(下層階がアクウェルモール)。
2012年2月に撮影しました。画像52枚。
広告
近隣地区のページ
西武多摩川線
下り 南隣2.2km:多磨
北へ約750m:JR東小金井
東京都の目次へ
このページの上部へ
写真が満載の地域紹介サイト
townphoto.net ホームへ
サイト内の記事をランダムに表示しています