☆豊富なオリジナル風景・街並み写真で大紹介☆
townphoto.net(タウンフォト ネット)
Home
東京都
近隣
その1
その2へ
荒川区 町屋駅周辺 その1(まちや)
尾竹橋通り南側と東口
広告
その1の1.京成町屋駅西側~メトロ南出口

左から、都電の線路、京成本線 町屋駅西出口、東京メトロ千代田線出口2(再開発ビルの町屋ニュートーキョービル内)。町屋はこの3路線が集まります。

前の写真と反対向き、都電(荒川線)線路沿いに西方向。前方に町屋駅前電停が見え、その先では尾竹橋通りと交差。

西へ進み、町屋交差点。交差する尾竹橋通りの地下に千代田線のホームがあります。

振り返って東向き。都電荒川線の町屋駅前電停。右は22階建て再開発ビルのセンターまちや。

町屋交差点越しに電停や京成町屋駅方面。駅開業は都電が大正2年、京成が昭和6年、メトロが昭和44年。

センターまちや。2階まで商業施設サンポップまちや、3-4階はホール・ギャラリー等のムーブ町屋、5階オフィス、上層階は都民住宅。

東京メトロ(地下鉄)千代田線の町屋駅北側改札。左奥はサンポップまちや地階、左手前は出口2方面。

千代田線町屋駅ホーム。大手町から北へ約13分、運賃195円。両隣は山手線乗換駅の西日暮里と大ターミナルの北千住。

町屋のメインストリート・尾竹橋通り。都電線路越しの南方向を2枚。

右端のウエストヒル町屋(12階建)も再開発事業によるもの。駅周辺は近年急ピッチに開発が進んだ模様。

尾竹橋通りを南へ進んで行きます。サンポップまちや前。街灯には町屋駅前銀座商店街・町屋銀座通りとあります。

町屋駅前バス停がある交差点。その先左にはマークスタワー。浅草寿町~足立梅田町間の都バス草41系統がここを経由。

アーケードが一部残る歩道。

マークスタワー南側の交差点(の少し手前)。

南へズーム。このあたりは荒川銀座商盛会。赤い看板がある書店の先で右折すると次の写真。

右折して西方向。銭湯のカネカ湯がある通り。

尾竹橋通りで北向き。マークスタワーとセンターまちや。

マークスタワー。これも再開発事業による高層ビルで28階建て。1~2階はアブアブ赤札堂等の店舗や医院、上の階はマンション。

再開発高層ビルが並ぶ様子。右端は普通のマンション(ネオマイム)。

ネオハイムよりも南へ進み、都電の線路から約200m。地下鉄南側出入口(2枚後)がある交差点。

反対向き(北)を2枚。

右端が地下鉄千代田線町屋駅の南側出入口(出口3)です。

広告

その1の2.京成町屋駅東側

京成の町屋駅東口前。藍染川通り南西方向。2019年1月現在、普通列車のみが停車する駅です。

京成上野からは約9分、154円。日暮里から約4分、133円。写真は北東方向。右端はイーストヒル町屋。

京成の改札口。2017年度1日平均乗降人員は20,655人。東京メトロ千代田線の町屋駅は61,307人。

北東へ進んだ地点。都電の踏切と新型スカイライナー。

駅を出て正面の再開発ビル・イーストヒル町屋。1~2階は店舗や区立町屋文化センターの「はいから館」。

駅前の交差点。はいから館沿いの通り(南方向)、藍染川通り(南西方向)。

はいから館の食品スーパー・グルメシティ町屋店。イーストヒル町屋は14階建てで3階以上はマンション。

南へ進み、荒川中央通りに入ったあたり。区役所サイトを見たところ、軍の命令で出来たという通り。

藍染川を暗渠にして出来た藍染川通り。駅前の交差点より南西の様子。

前の写真より約100m進んで振り返ったところ。駅東側商業地は黄色い旗を掲げていた町屋駅前東口商店会。
2012年3月に撮影しました。
続き:尾竹橋通り北側と稲荷通り等
広告
近隣地区のページ
京成本線
下り 東へ2駅:京成関屋
地下鉄千代田線
東隣2.6km:北千住
東京都の目次へ
このページの上部へ
写真が満載の地域紹介サイト
townphoto.net ホームへ
東京都荒川区
町屋駅周辺 その1~2 画像58枚
1 尾竹橋通り南側と東口(32枚)
2 尾竹橋通り北側と稲荷通り等(26枚)
サイト内の記事をランダムに表示しています