☆豊富なオリジナル風景・街並み写真で大紹介☆
townphoto.net(タウンフォト ネット)
Home
東京都
近隣
要約<
>その2
国立市 国立駅周辺 その1
国立駅と駅前・地名の由来
広告
JR中央線 国立駅南口。国家の中枢機関が集中しそうな「こくりつ」ではなく「くにたち」。国立市は文教・住宅都市。
国立駅ホーム。新宿から西へ約25分(途中国分寺で特快⇔快速を乗り換えたとき)、388円。更に西へ1駅で立川。乗降客数は1日に約11万人。谷保村の北の外れに1926年開業。
ロータリー越しに見た国立駅南口。谷保村は1951年の町制施行時に駅名を元に国立町となり、1967年に国立市に。国立市役所は現在もJR南武線の谷保駅が最寄り駅。
ロータリー東側。右へ行く道は旭通り。国立という名称の由来は国分寺駅と立川駅の間に作る駅だからという、国立市が存在する今では想像し難い実話エピソードです。
駅のホームより。前方(南)へ伸びる大学通り沿いに文教都市たる所以の一橋大学が立地。駅から南東へ旭通り、南西へ富士見通りが伸びる放射状街路構成。
たましん歴史・美術館がある多摩信用金庫国立支店(大学通り角・写真中央)付近。
ロータリー西方向の富士見通り方面。写真中央部の三井住友銀行国立支店前に2~3枚後で行きます。
駅は高架化絡みの工事が行われていて、シンボルだった三角屋根の旧駅舎も保管部材で再築予定。
三井住友銀行と松屋前。
三井住友銀行とサンドラッグ前。
サンドラッグ横から西方向、線路沿いの駐輪場などがある道。
サンドラッグ側から見た駅前、東方向。前方左のマンション前が次の2枚です。
マンション北側、JRの高架下商業施設「nonowa国立」沿いの通路「ののみち」。
マンション南側、東一番商店会入口。右端のビル付近が2枚後です。
東一番商店会の通り。東方向。
ロータリー東側のバスのりば。
広告
駅の南北を結ぶ高架下通路。nonowa国立は改札口の東と西に分かれ、計38店舗。
ここからは国立駅北口側です。
線路沿いに西方向の道と巨大マンション。
北方向。100mほどで国分寺市との市境。
店舗が並ぶ東方向。
北口のロータリー状の場所。
北方向の道。右のマンションには高級食品スーパーの三浦屋国立店も入居。右の緑の看板が三浦屋のもの。
三浦屋看板付近から見た国立駅北口。北口側住所は国立市北(1~3丁目)。南口側は東、中、西。駅名の由来も住所も飾り気がなく単純明快です。
2016年7月(晴れ)と9月(曇り気味)に撮影しました。
続き:大学通り
広告
近隣地区のページ
JR中央線
上り 東隣1.7km:西国分寺
JR中央線
下り 西へ2駅:日野
東京都の目次へ
このページの上部へ
写真が満載の地域紹介サイト
townphoto.net ホームへ
東京都国立市
国立駅周辺 その1~5 画像116枚
1 国立駅と駅前・地名の由来(24枚)
2 大学通り(22枚)
3 一橋大学まで(20枚)
4 ブランコ通り・富士見通り(28枚)
5 例大祭と旭通り(22枚)
 まとめ・要約版
サイト内の記事をランダムに表示しています