☆豊富なオリジナル風景・街並み写真で大紹介☆
townphoto.net(タウンフォト ネット)
Home
東京都
近隣
その1
その2へ
稲城市 稲城駅周辺 その1(いなぎ)
稲城駅南口と展望風景
広告
京王相模原線 稲城駅南口。稲城市は人口急増中の住宅都市。稲城駅は市内では新しめの駅で、市域のほぼ中央に1974年に開業。
稲城駅改札口前。南口側から北口方面。2017年度1日平均乗降人員は21,346人。
稲城駅ホームを2枚。新宿から西南西へ乗り換えを含め約23分、288円。急行や特急は通過、快速は停車(相模原線内全駅停車)。
駒沢女子大学最寄駅(バス便)。
南口を1枚目と別角度で。ひさしの向こうへ行くとタクシー・バスのりば。
タクシーのりば、奥にバスのりば。稲城駅から羽田空港・成田空港行き空港連絡バス運行開始のお知らせ板がいくつも設置されていました。
東へ進み、前の写真にも写っているマンションの横。
反対向き。東側から見た駅前。
もう少し東の展望地点。
線路越しに北方向の景色。稲城市内では京王沿線は概ね新しい街で、北部のJR南武線沿線が昔からの市街地です。JR稲城長沼駅まで直線で北へ約900m。
稲城市役所。稲城町が1971年(昭和46年)の市制施行で稲城市になり、2018年現在の人口は約9万人。
約18km先の東京都庁など新宿高層ビル街も望めます。
広告
南口ロータリー東方向とクスノキと花壇。右には特産品である梨の看板。
ロータリー南東方向。南口側は完全にマンション街。赤い稲城市コミュニティバスのiバス(あいばす)には「稲城なしのすけ」のイラスト入り。左奥が次の写真です。
南東へ向かう道路のひとつ。奥は南山地区として最近開発され、新しいマンションが見えます。
南口ひさし下で南東方向。
開発竣功記念碑、モニュメント、稲城駅前のメイン通り。
南東へズーム。今後は南山地区への路線バスも走りそうな通りです。
稲城駅前のメイン通り、北西方向。駅舎の背後は駅ビルのリトナード稲城。
駅舎横で京王線を渡る城址橋。周辺は中世鎌倉時代の長沼城が存在した場所。城跡整備は行われていないようです。
城址橋の西側では京王線とJR貨物線高架が交差。
稲城駅~京王よみうりランド駅間、造成が進む南山地区の車窓風景。稲城市の人口は10万人を突破すると思われます。
2017年2月に撮影しました。
続き:稲城中央橋・駅ビル・北口
広告
近隣地区のページ
京王相模原線
上り 東隣1.6km:京王よみうりランド
東京都の目次へ
このページの上部へ
写真が満載の地域紹介サイト
townphoto.net ホームへ
東京都稲城市
稲城駅周辺 その1~2 画像42枚
1 稲城駅南口と展望風景(22枚)
2 稲城中央橋・駅ビル・北口(20枚)
サイト内の記事をランダムに表示しています