各地を歩き8万枚超の独自写真で地域紹介 townphoto.net
港区 神谷町駅周辺 その2
オランダヒルズ~三年坂
ページ内の記事写真28枚(その1~7計200枚)  写真: 背景:
神谷町駅出入口1・2から南へ約80mの地点に架かる八幡町歩道橋と、24階建てのオランダヒルズ森タワー、左に東京タワー。
歩道橋の東側はオランダヒルズに直結。前方の曲面がある建物はオランダ大使館。
広告
桜田通り(国道1号)南方向。
同じく南方向。右は西久保八幡神社の林が見えます。その林よりも手前の桜田通り西側(右)は、虎ノ門・麻布台地区の再開発事業地になりました。
桜田通り西側の歩道を南へ進みます。トヨタレンタカーリース前。
反対に北向き。再開発前、美容院、青果店、飲食店と並んでいました。
南へ進み、宝石店前。
畳店前で北向き。
虎ノ門五丁目(東京タワー入口)バス停で南向き。写っていませんが右手に西久保八幡神社の鳥居や石段があります。
反対車線のバス停で北向き。
広告
虎ノ門から麻布台に入り、麻布台一丁目交差点。
反対に北向き。
ここで右折すると雁木坂方面。次のページはやや奥の黒いノアビルがある飯倉交差点からです。
右折して西向き、雁木坂方面の道。
西へ進み、霊友会釈迦殿(右)前で2枚。
前方の工事現場付近に雁木坂があります。
雁木坂下で東向き。
雁木坂(がんぎざか)。
上から見た雁木坂。標柱の説明文は「階段になった坂を一般に雁木坂というが、敷石が直角に組まれていたから等ともいい、当て字で岩岐坂とも書く。」
雁木坂上で北向き。左は外務省麻布台別館。
広告
外務省麻布台別館(左)の玄関側。
雁木坂上から北へ。右は霊友会釈迦殿。前方突き当りで左折すると次の写真の三年坂上部。
三年坂上で西向き。奥のやや左は昭和初期に完成して逓信省貯金局庁舎や本庁舎・郵政省本庁舎・麻布郵便局などに使われた歴史的な建物(の一部分・薄茶色)で、後に虎ノ門・麻布台地区の再開発により解体。
南向き。さんねん坂と刻まれた小さな石柱(右)や、石の上に三年座っているような姿が刻まれた小さな石柱(左)。
三年坂上部からの眺め。西北西方向。手前付近は後に再開発で更地化しました。奥やや右の高層ビルは六本木の東京ミッドタウン(約1km先)。
北西方向。中央下端部の谷間の交差点から見た三年坂が次の写真です。奥の大規模なマンションは六本木ファーストプラザ。
谷間の交差点で南向き。三年坂方面。左は霊友会第二ビル。
三年坂の由来は定かではありません、別名三念坂などとも呼ばれ同じ名前の坂が他にも数か所あります、等の説明板。
2012年5月(1~4・9・11・12・15枚目)と2008年10月(20枚)に撮影しました。
続き:その3 飯倉交差点~東京タワー
広告

地図ので当ページを撮影しました。
東京都港区 
神谷町駅周辺 その1~7 画像200枚
中目黒
-
-
広尾
-
-
-
虎ノ門ヒルズ
-
-
日比谷
-
-
東銀座
-
築地
(→北東)
 || 
広告
サイト内の記事をランダムに表示しています。
掲載内容は撮影時または編集時のもので、現状とは異なる場合がございます。
このページをポスト:
Home
> 東京都 > オランダヒルズ~三年坂 | 神谷町を大紹介 撮影写真200枚 (C)townphoto.net