☆豊富なオリジナル風景・街並み写真で大紹介☆
townphoto.net(タウンフォト ネット)
Home
栃木県
近隣
下都賀郡壬生町 みぶ
壬生駅周辺から蘭学通りまで
広告
壬生町中心街最寄りの壬生駅。町の人口は県内いくつかの市よりも多い約4万人。平成の市町村合併には未参加。
線路の西側、駅前広場の様子(中央部に駅舎)。駅乗降客数は1日2千人程度。
壬生駅ホーム。東武宇都宮から約24分、308円。栃木へ約14分、247円。北千住へ約90分、967円。
駅舎からは地下道連絡となる東側のロータリー周囲。右に「きのこの北妍」がある他は概ね住宅街です。
壬生町観光案内図。筆頭にあるのは壬生町城址公園。江戸時代に壬生藩、廃藩置県後は一時的に壬生県が存在。
しもつけ風土記の丘案内図。大胆なデフォルメマップで、他の地図と照らし合わせても場所がよく分かりませんでした。
駅前広場、南方向。左に駅舎、前方に栃木信用金庫壬生支店。
栃木信用金庫(左)側の角から見た駅前。
駅舎を出たあたり、西方向。中央左に写っているタクシー会社前から左への道が次の写真で、前方まっすぐが2枚後です。
タクシー会社前から南への道。
駅の正面へまっすぐ伸びる中心街方面の道を西へ進みます。
街路灯には栄町と書かれています。
ひろや旅館前。
突き当りの壬生駅入口交差点、蘭学通りの仲間たち。この先のJA前に蘭学通りの説明板がありました。
壬生駅入口交差点で駅を振り返ったところ。左右方向は県道18号。
約200m先の壬生駅へズーム。
広告
県道18号南方向。
県道18号北方向(蘭学通り)。
北へズーム。壬生町の中心的な商店街の区間に入ります。
県道18号・蘭学通りを北へ進んで行きます。
かつては日光道中壬生通という日光街道の別ルートで、この付近は壬生宿。
脇本陣跡らしい内科医院。
ゆるキャラ・ぴょう殿くん。
この靴店付近で前後向きの2枚。
壬生中央町郵便局。
JAしもつけ壬生支店と蘭学通りの案内板。
町役場、城址公園にある歴史民俗資料館などの案内標識。
下野近代医学発祥の地、蘭學通り。多くの蘭学者を輩出、多くの蘭方医が開業し活躍、などとあります。
もうちょっとだけ北へ。
壬生町役場入口交差点。左折して約400mで城址公園ですが、電車の時間に合わせてここで折り返しました。
反対向き(南)。郵便局や駅入口交差点方面。
2014年12月に撮影しました。画像32枚。
広告
近隣地区のページ
東武宇都宮線
上り 南へ3駅:新栃木
東武宇都宮線
下り 北へ2駅:おもちゃのまち
栃木県の目次へ
このページの上部へ
写真が満載の地域紹介サイト
townphoto.net ホームへ
掲載内容は撮影時または編集時のものです。運賃や写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。
サイト内の記事をランダム表示しています。