オリジナル写真が満載の地域紹介サイト townphoto.net > 新潟県 > 胎内市 > 中条駅周辺(その1~4 計75枚 JR羽越本線 なかじょう)
中条その1(地図のの部分と車窓)
中条駅と駅前
風景・街並み等22枚


その1駅前 2表町の商店街 3新栄町北部と本町南部 4本町北部~産業道路
画像表示サイズ
JR羽越本線 中条駅。旧 中条町は人口約2万6千人。2005年に人口約6千人の黒川村と合併して現在は胎内(たいない)市。
ようこそ胎内へ、という神秘的な改札口。駅舎内には胎内市観光案内所も入居。胎内市の中心的な駅です。
駅の跨線橋から見た中条駅前(線路の東側)。左に駐輪場、右に駅舎。奥は鳥坂山などが連なる櫛形山脈。
駅前ロータリー、北方向。
東方向の商店街方面。
中条駅前の交差点。北方向。
北へ進み、駐輪場付近。右の蔵がある建物は、ときや旅館。
駅玄関を出たあたりの景色。右側は公園的な広場部分。
広場内、津波対策かと思われる海抜標識。左の建物は村上屋旅館。
板額御前(ばんがくごぜん)之像。
板額御前は平安時代~鎌倉時代(西暦1200年頃)に中条駅から北東へ約3kmの鳥坂城などで活躍した女性武将。
駅の南東へ伸びる都市計画道路、中条駅前通り線。
駅前の交差点から見た中条駅。
胎内市登山案内図。市街地から比較的近い櫛形山脈と、山形県境の飯豊連峰。
市域の中央を胎内川が流れる胎内市。右に書かれた會津八一は大正期前後の美術史学者・詩人で、早大に記念博物館もあり。
駅の跨線橋より。JR羽越本線上り方面(南)。普通列車で新発田へ約12分、242円。新潟へ約50分、770円(2021年8月現在)。
駅舎と反対の西側の様子。橋上駅舎に建て替えて西口側に駅前広場や道路を建設する計画もあるようです(建設後の様子を4~5枚後に追加しました)。
羽越本線下り、坂町・村上方面。1時間に1往復程度の普通列車のほか、快速も少数運行。特急いなほ号も1日7往復全て停車。
中条駅ホーム。中条駅は1914年(大正3年)6月1日開業、2019年度1日平均乗車人員は1,155人(乗降人数は倍の2,310人程度)。
中条~平木田間で渡る胎内川。平成の市町村合併による市名の由来となりました。ここまでは2014年の撮影です(次のページ以降も2014年)。
追加分で2020年に列車内から西口側を撮影した2枚です。中条駅は改札が2階の橋上駅舎(左に階段が写っています)になり、西口の駅前広場も整備されました。
西口のれん街、西口広場公園の休憩所、中条中央病院。
2014年7月(20枚)と2020年8月(2枚)に撮影しました。2021年8月に駅情報関連追記しました。
広告

続き:その2 表町の商店街
トップ > 新潟県 > 胎内市 > 中条駅周辺
(その1)中条駅と駅前 (2)表町の商店街 (3)新栄町北部と本町南部 (4)本町北部から産業道路まで  写真一覧
JR羽越本線
(上り・南西←)
-
神山
-
月岡
-
中浦
-
-
加治
-
金塚
-
-
平木田
-
-
平林
-
岩船町
-
村上
-
間島
-
越後早川
(→下り・北東)
トップ > 新潟県を独自写真で大紹介
下越【新潟市新潟駅[古町本町萬代橋など] 豊栄 亀田 新津 【五泉市五泉 【阿賀町津川駅
  【阿賀野市水原 【新発田市新発田 西新発田 【胎内市中条 【村上市坂町
(県央)【三条市三条 北三条 燕三条 【燕市 燕三条
中越【長岡市長岡 宮内 【柏崎市柏崎 【十日町市十日町 【南魚沼市浦佐  【湯沢町越後湯沢
上越【上越市高田 直江津 脇野田 【妙高市新井 北新井


掲載内容は撮影時または編集時のものです。 写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。 | 五十音順目次 都市一覧目次