オリジナル写真が満載の地域紹介サイト townphoto.net > 宮城県 > 仙台市若林区 > 薬師堂駅周辺(その1~5 計110枚 地下鉄東西線 やくしどう)
薬師堂その5(地図のの部分)
史蹟 陸奥国分寺跡と薬師堂
風景・街並み等24枚


1.駅前 2.宮城の萩大通り~ 3.陸橋付近 4.木ノ下 5.薬師堂付近 要約
画像表示サイズ
薬師堂駅北1出入口から西へ約150m。木ノ下白山神社の鳥居前。
鳥居西側の交差点で右折して北向き。史跡 陸奥国分寺跡(史蹟 陸奥國分寺址)への入口。広場整備工事が進捗する2017年9月の様子。
2017年5月時点ではこのような状態でした。前方が陸奥国分寺薬師堂仁王門。
国指定史跡 陸奥国分寺跡の解説。この奈良時代創建の陸奥国分寺講堂跡に、現在の陸奥国分寺薬師堂が建てられています。
現在の陸奥国分寺薬師堂仁王門(奈良時代の陸奥国分寺南大門跡)。江戸時代・慶長12年(1607年)の建築で宮城県指定文化財。
仁王門から薬師堂に至る参道。
参道の東側。
江戸時代に作られた陸奥国分寺鐘楼(仙台市登録文化財)。奥の方は先ほど鳥居があった木ノ下白山神社。
奈良時代創建時の陸奥国分寺金堂跡付近。
陸奥国分寺薬師堂。平成29年8月の市政だよりによると、奈良時代創建の陸奥国分寺は鎌倉時代初期・文治5年(1189年)の奥州合戦で焼失。しばらく後、慶長12年(1607年)に伊達政宗が陸奥国分寺を再建した建物が薬師堂。
西側から見た薬師堂。市内に現存する最古の木造建築のひとつで、国の重要文化財です。
西側の道路沿い通路で南向き。
少し南へ進んだ地点。陸奥国分寺跡の緑地広場。奥のほうは多目的広場やガイダンス施設。伊達政宗ゆかりの寺ということもあり、この界隈が観光スポット化するのかもしれません。
西向き。写っていませんが突き当りは現在の陸奥國分寺本坊。右の林には陸奥国分寺準胝観音堂があります。
陸奥国分寺 准胝(じゅんてい)観音堂がある林。
陸奥国分寺准胝観音堂。市の文化財課サイトによると、仙台藩六代藩主伊達宗村により建立された、江戸時代中期の朱塗の観音堂。延享2年(1745年)の建築で仙台市登録文化財。
准胝観音堂の北側、木ノ下公園。
道路沿い通路で北向き。左に木ノ下公園、右に薬師堂。
北へ進み、歩道のような通路の北端部。
もう少し北。奥のマンション(宮城野2丁目交差点付近)の北側は楽天生命パーク宮城や貨物駅。薬師堂駅から楽天生命パーク宮城へ行く際の最短経路となる道路ですが、試合観戦後の夜の帰路は暗そう。
道路東側。史跡発掘調査のために移転した住宅街跡でしょうか。奥は聖和学園高校薬師堂キャンパス。
聖和学園高校は特進アドバンス、文武両道の特進アスリート、リベラルアーツ、プログレスといったコースに分かれ、文武両道を謳う県立と違って生徒全員に武を無理強いしない模様。
ここは市有地(国史跡陸奥国分寺跡)の注意書き。
道路西側も空地。
2017年5月と9月に撮影しました。薬師堂駅周辺の最終ページです。
広告

次の駅(西隣1.1km):連坊
次の掲載駅(東へ2駅):六丁の目
トップ > 宮城県 > 仙台市若林区 > 薬師堂駅周辺
(その1)薬師堂駅と駅前 (2)宮城の萩大通り~陸奥国分尼寺 (3)聖和学園・貨物駅・楽天観覧車
(4)木ノ下・史跡ガイダンス施設 (5)史蹟 陸奥国分寺跡と薬師堂 (まとめ)要約版 写真一覧
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
卸町
-
-
荒井
(→東)
トップ > 宮城県 > 仙台市を大紹介
(仙山線)仙台 東照宮 北仙台 北山 東北福祉大前 国見 葛岡 陸前落合 愛子 陸前白沢
(東北本線)南仙台 太子堂 仙台
(仙石線)あおば通 仙台(東口) 榴ヶ岡 宮城野原 陸前原ノ町 苦竹 小鶴新田 福田町
(南北線)富沢 長町南 長町一丁目 河原町 愛宕橋 五橋 仙台 広瀬通 勾当台公園 北四番丁 北仙台 台原
    旭ヶ丘 黒松 八乙女
(東西線)八木山動物公園 青葉山 川内 国際センター(仙台城跡) 大町西公園 青葉通一番町
    仙台 連坊 薬師堂 六丁の目 荒井
(アーケード~国分町)ハピナ名掛町 クリスロード おおまち サンモール・横丁 ぶらんどーむ 一番町四丁目 国分町


掲載内容は撮影時または編集時のものです。 写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。 | 五十音順目次 都市一覧目次