オリジナル写真が満載の地域紹介サイト townphoto.net > 宮城県 > 多賀城市 > 多賀城駅周辺(その1~7 計166枚 JR仙石線 たがじょう)
多賀城その2(地図ので撮影)
末の松山・沖の井付近
風景・街並み等20枚


1.南口 2.末の松山・沖の井 3.R45 4.産業道路 5.桜木・貞山高 6.駅東側 7.北口 要約
画像表示サイズ
多賀城駅から鎮守橋を経由して南へ約380mの交差点。
右折すると末の松山(すえのまつやま)・沖の井方面。
末の松山へ移動する途中右手、臨済宗妙心寺派 不リン寺(リン=燐の火の代わりに石、環境依存文字)。
みんなにお得! 協同組合多賀城・七ヶ浜スタンプ会の「わが史都角(まちか~ど)」。組合は解散し、史都角の使用は2021年3月末で終了しました。
末松山 寳國寺(宝国寺)。
末松山 寳國寺。奥(西)で松が茂っている場所が末の松山。
寳國寺の少し南、末の松山・沖の井無料駐車場。
右下の多賀城駅・末の松山・沖の井から、政庁などがあった左上の多賀城跡にかけてのマップ。
無料駐車場(左)前の道路、南方向。
無料駐車場より80mほど西北西。末の松山。"最古の勅撰和歌集である古今和歌集(延喜5=905年成立)に初めて登場し、以後みちのくを代表する歌枕として、多くの歌に詠まれました(市役所サイトより)"。
縦写真も1枚(北向き)。末の松山は多賀城市指定文化財。とはいえ所在地は諸説あり、ここ多賀城市八幡説が最も有力とのことです。この2本の黒松は保存樹に指定され、樹令約480年、樹高約19m。
津波が末の松山を越えるようなあり得ないことの例えで、「松山浪もこえなむ」「すゑのまつ山なみこさじとは」と平安時代の恋歌に詠まれました。江戸時代の松尾芭蕉も末の松山を訪れ感動、2014年には国の名勝「おくのほそ道の風景地」に指定。
歌碑「君をおきて あだし(浮気)心をわがもたば すゑの松山 浪もこえなむ」古今和歌集 東歌。東日本大震災の津波もここを越えていません。
末乃松山 石碑。右は芭蕉が訪れて無常観を感じたことと、「契りきな かたみに袖をしぼりつゝ 末の松山 浪こさじとは」後拾遺和歌集 清原元輔 百人一首の42番目。
末の松山より南へ約80m。市指定文化財、沖の井。
松尾芭蕉も訪れ、こちらも2014年に国の名勝「おくのほそ道の風景地」に指定。江戸時代に仙台藩により名所整備が行われ、手厚い保護を受けていたそう。
小野小町、二条院讃岐が読んだ和歌(どちらも平安時代)。沖の井(沖の石)は古来歌に詠まれた歌枕。
周囲は住宅街。西方向。前方右に「末の松山→」を示す白い案内板があります。
東方向。左奥の突き当りで左折すると先ほどの無料駐車場方面、右折すると次の写真です。
右折して南方向。約130m先で国道45号に出ます。
2016年12月に撮影しました。
広告

続き:その3 国道45号ロードサイド商業地
トップ > 宮城県 > 多賀城市 > 多賀城駅周辺
(その1)多賀城駅南口・イルミ・砂押川 (2)末の松山・沖の井付近 (3)国道45号ロードサイド商業地
(4)産業道路 イオン~ソニー (5)桜木飲食店街と貞山高校方面 (6)駅東側・駅前通りと生協付近
(7)多賀城駅北口と市役所付近 (まとめ)要約版 写真一覧
JR仙石線
(上り・西←)
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
-
(→下り・北東)
トップ > 宮城県 > 東部(国道45号・346号周辺)を独自写真で大紹介
多賀城~松島【多賀城市多賀城 下馬 陸前山王 【塩竈市塩釜駅 西塩釜 本塩釜[駅前神社海側] 東塩釜
      【七ヶ浜町七ヶ浜町 【利府町陸前浜田
      【松島町松島海岸駅 五大堂以北 松島駅 高城町 手樽 陸前富山
東松島~女川【東松島市陸前大塚 東名 陸前小野 鹿妻 東矢本 陸前赤井
      【石巻市】石巻[駅前川沿い繁華街] 桃生 和渕 前谷地 渡波 万石浦 【女川町女川
美里~登米 【美里町小牛田 北浦 陸前谷地 【涌谷町上涌谷 【登米市新田 梅ヶ沢 米山 陸前豊里 柳津
南三陸~気仙沼【南三陸町南三陸町 【気仙沼市旧本吉町 南気仙沼 不動の沢 気仙沼駅市役所 鹿折唐桑

掲載内容は撮影時または編集時のものです。写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。 | 五十音順目次 都市一覧目次
ホテル・旅館予約はこちら(全国)
SONY 多賀城製(amazon)


後悔しない街選び 超データBOOK
試し読み可能(amazon)。
マンションや賃貸の部屋探しの際も。