☆豊富なオリジナル風景・街並み写真で大紹介☆
townphoto.net(タウンフォト ネット)
Home
宮城県
近隣
1
その2
3
4
牡鹿郡女川町 女川駅周辺 その2
シーパルピア女川と旧交番付近
広告
女川駅から見たテナント商店街のシーパルピア女川。周辺市街地は東日本大震災の津波で壊滅し、全く新しい街に作り直す区画整理が進行中。奥は女川湾。
シーパルピア女川から見た女川駅。背後には標高401.3mの黒森山。商店街通りは歩行者専用の「レンガみち」。
レンガみちの海側突き当り(撮影時)。この先は仮称・メモリアル公園として整備されます。交差点右に旧女川交番の説明板があります。
旧女川交番。津波に飲まれて倒れたままの姿で右奥にも写っています。
別の角度から見た旧女川交番。震災遺構としてメモリアル公園内に保存する計画。
レンガみち(左)から公園(右)への横断歩道予定地。国道398号北東方向。
公園整備後はレンガみちが海の方へ続く見込みの南東方向。
国道398号南方向。三陸自動車道の石巻女川ICまでは将来のバイパス開通で約16kmに短縮される見込み。
国道沿い、女川水産業体験館 あがいんステーション。
あがいんステーション隣の空地。その後ここに「きぼうの鐘」が設置されました。
国道398号側から見たレンガ道。左の空き地の先に女川町まちなか交流館、右に地元市場ハマテラス、奥に女川駅。
工事完了間近だった地元市場ハマテラス。シーパルピア女川の一部で、8店舗が出店する観光物産施設です。
女川町まちなか交流館。
駅へ向かって北西へ進み、両側がシーパルピア女川のテナントになる区間。左は南中庭がある区画、右は飲食店が集まる区画。
シーパルピア女川以外にも、個別再建街区に右奥の赤い看板の鮮魚店などが出店。
飲食店の一つ、まぐろ船主の直営店・明神丸。
広告
海方面(南東)。
シーパルピア女川案内図(ハマテラス開業前の27テナント)。ここに掲載された部分は2015年12月にオープン。
南中庭への道。右はフラワーショップ。
南中庭。周囲はクラフト体験エリア。ダンボルギーニも展示。
段ボール製の実物大ランボルギーニ模型「ダンボルギーニ」展示場所。
北中庭前のレンガ道。
北中庭。飲食店のほか、理容・ファッション・茶舗といった日常店舗が囲みます。
北中庭の向かい、シーパル観光案内所。隣には薬局、その先にはフルーツショップ。
このフルーツショップと向かいの小型スーパーが一番駅寄りのテナント。
小型スーパー「おんま~と」と障害者就労支援施設の店舗「きらら女川」が入る棟。
女川駅前の交差点側から見たレンガ道・シーパルピア女川。国道側まで約170m。
駅前の交差点越しに。
2016年12月に撮影しました。
続き:女川港と地域医療センター付近
広告
近隣地区のページ
JR石巻線
上り 西へ3駅:万石浦
宮城県の目次へ
このページの上部へ
写真が満載の地域紹介サイト
townphoto.net ホームへ
宮城県牡鹿郡女川町
女川駅周辺 その1~4 画像100枚
1 女川駅と駅前・浦宿車窓(22枚)
2 シーパルピア女川と旧交番付近(28枚)
3 女川港と地域医療センター付近(26枚)
4 高台展望風景と役場新庁舎用地(24枚)
掲載内容は撮影時または編集時のものです。運賃や写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。
サイト内の記事をランダム表示しています。