☆豊富なオリジナル風景・街並み写真で大紹介☆
townphoto.net(タウンフォト ネット)
Home
宮城県
近隣
仙台市太白区 あきうおおたき
秋保大滝バス停から滝見台まで
ページ内の記事画像30枚です。
仙台市西部の県道62号(右)沿い、秋保大滝駐車場で東向き。約150m東に秋保大滝不動尊や滝見台への入口となる鳥居、もう少し東に秋保大滝バス停があります。左に写っている建物は4枚後の大滝れすとはうす。
周辺案内図(北が上)。高い場所から滝を見られる滝見台(図の中央部やや右上)まで南側から行きました。東側からは滝壺近くへ降りることも可能。西側は仙台市秋保大滝植物園。
仙台市秋保大滝植物園の入園口。入園料大人240円、高・大生180円、小・中生120円。開園期間4月~11月。
虹が架かっていた秋保大滝植物園。仙台市公園緑地協会のサイト「杜の広場」によると、『宮城県内の山地や山麓の草木を中心に約200種、15,000本の植物を植裁展示しています』。
無料休憩所や軽食の大滝れすとはうす。
大滝れすとはうす横で南向き。駐車場や県道方面。
バス停方面へ進み、おやすみ処 不動滝。コーヒー、みそおでん、甘酒といった貼り紙が見えます。
さるのこしかけ、健康茶各種、いなごの佃煮、糸こんにゃく、黒にんにく、メグスリノキ、マタタビの木などの販売コーナー。
前方左の鳥居をくぐると秋保大滝不動尊・滝見台方面。左手前は大滝名物と書かれている大判焼きの店。
反対向き。山奥ですが大勢の観光客を見込んでいる買物・食事スポット。
鳥居前の県道62号。秋保温泉まで13kmほど、仙台駅まで30kmほどの道のり。前方右には手打そば店。
手打そば店の向かい付近。秋保の民話マップ前。もう少し前方の左手に秋保大滝バス停(駅や市街へ向かう東行き)の赤い部分が見えます。
秋保の民話マップ。『大滝不動尊は、幼少より仏心厚く仏門に入った滝原生まれの木食知足上人が、十九年間東北を巡り、喜捨を仰ぎ創建したもの』。
秋保大滝バス停。左の仙台市営は仙山線愛子駅行きと白沢車庫行きが平日は4本ずつ。愛子駅まで45分、770円。右の宮城交通は仙台市中心部行きで土曜・休日のみ1日3本(撮影時は2本)。仙台駅まで78分(1本は快速で63分)、1150円。
鳥居前で西向き。
北向き。秋保大滝不動尊、滝見台方面。
広告
鳥居をくぐって参道を北へ進みます。紅葉・黄葉がきれいな季節でした。
民話マップに解説があった秋保大滝不動尊。
滝見台は不動尊横を通って更に北へ。
滝見台への遊歩道。
反対向き(南)。右には各種おみくじ。
おみくじを結ぶ場所。
下り坂の階段。
秋保大滝を望む滝見台。
秋保大滝。ページ冒頭の案内図の解説文には『秋保大滝は名取川上流部にかかる落差55m、幅6mの雄大な滝で、1942年に「国指定名勝」の指定を受け、1990年には「日本の滝百選」に選ばれています。
(続き)周辺には遊歩道が整備されており、滝見台、不動滝橋を経由して、滝壺の間近まで降りることができます(ただし、歩きやすい靴でお出かけください)。
(続き)流れ落ちる水量が多く、轟音とともに水霧となった天然のシャワーが降り注ぎ、パワースポットとして人気があります』とあります。
秋保大滝より下流側(東)へ直線距離で約2kmの地点。橋を渡るバスの車内から見た名取川。上流方面(北西)。
更に東へ直線で約2km。名取川の支流に架かる旧道の小滝沢橋。新道(県道62号)の橋を渡るバスからの眺め。
小滝沢橋より東へ約300m。県道北側の田園車窓風景。
2017年11月に撮影しました。
広告
掲載内容は撮影時または編集時のものです。運賃や写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります(バス運賃や所要時間は2021年5月時点)。
近隣地区のページ
路線バス:愛子
路線バス:白沢駅前(白沢車庫行きが経由)
写真が満載の
townphoto.net
宮城県の
目次へ
ページの
上部へ
サイト内の記事をランダムに表示しています