各地を歩き8万枚超の独自写真で地域紹介 townphoto.net
相模原市南区 相武台下駅周辺 その1
相武台下駅~相模川
ページ内の記事写真40枚(その1~2計74枚)  写真: 背景:
その1目次


その1の1.駅からノジマフットボールパークまで
相模の大凧まつり開催日、最寄り駅として賑わうJR相武台下(そうぶだいした)駅。まつり会場への無料送迎バス(右端)が発着していました。
駅を出て正面の東方向。駅前の商業施設は少なめ。小田急の相武台前駅は東北東へ直線で約2km。
東へ入ったところ。新戸診療所前。
駅前広場の南方向。八王子街道の座間宿だった市街地方面。
広告
改札口。その後2016年に無人駅化し、駅舎は建て替えられました。乗車人員は2016年度1日平均1241人(乗降は倍の2482人程度)。
相武台下駅跨線橋からの眺め。相模線下り(北)方面。
駅舎と反対側(西)は主に農地。約900m先を相模川が流れます。
相武台下駅ホーム。上り・海老名へ2駅、約6分、運賃185円。下り・橋本へ約18分、237円。(掲載時点)
相武台下駅前から相模川方面への道。北方向。
北へ進み、美容院や飲食店が並ぶあたり。
駅西側へ渡る踏切。
踏切を渡って進んだ先の交差点。
左折の相模川方面。
相模川方面への道。西方向。
川への道沿い、新鮮野菜特売。
相模の大凧まつりのノボリ。この先の相模川河川敷が会場。
畑の景色。南方向。
相模川のすぐ手前、ノジマフットボールパーク。女子サッカー、ノジマステラ神奈川のグラウンド。
広告





その1の2.相模川沿い
相武台下駅前から1kmほど歩いて、相模川の堤防に到着。
相模川。
下流(南)方面。
上流方面。
北へ進んだ地点からの景色。対岸(西)の厚木市山際(という地名)。崖下を圏央道が通ります。
北西。画像中央奥にヤマト運輸の新しい厚木物流ターミナル。左に厚木市立上依知小学校、右に猿ヶ島スポーツセンター。
北へ進み、磯部頭首工の手前。堤防沿いに南方向。奥に大凧まつり下磯部会場が見えます。
農業用水取水堰の磯部頭首工、下流側の堰を3枚。
真横から。
死亡事故多発で、なぜ危険かという詳細な注意書きもありました。
広告
2つの堰の間、テトラポッド(消波ブロック)地帯。
磯部頭首工、上流側の堰。このあたりは相武台下駅より下溝駅が近くなります。
ズーム。釣り人が結構います。
相模川沿いの磯部頭首工公園前。
公園と望月珪治翁顕彰碑。
磯部頭首工の用水を取り込む水門付近。
水門と「磯部堰成り相模野潤う」の碑。
引き続き相模川沿いに北へ。
相模原市磯部民俗資料館付近。普通の民家のような外観でした。
釣り堀のような入江。右奥の方は大凧まつりの上磯部会場。
入江に下りて上流方面(南)。
上磯部会場付近。史跡・上磯部の土塁と野鳥の解説。
2013年5月に撮影しました。
続き:その2 相模の大凧まつり
広告

1の1.駅からノジマフットボールパークまで
1の2.相模川沿い
神奈川県相模原市南区
相武台下駅周辺 その1~2 画像74枚
1 相武台下駅~相模川
2 相模の大凧まつり
広告
サイト内の記事をランダムに表示しています。
掲載内容は撮影時または編集時のもので、現状とは異なる場合がございます。
このページをポスト:
Home
> 神奈川県 > (写真40枚)JR相武台下駅前と相模川・磯部頭首工 - 相模原市  (C)townphoto.net