8万枚以上の独自写真で地域紹介 townphoto.net
Home
神奈川
地図
7<
その8
>要約
横浜市中区 桜木町駅周辺 その8
赤レンガ倉庫付近
ページ内の記事画像26枚(その1~8計186枚)
新港地区中央部の円形歩道橋「新港サークルウォーク」より。北北東方向。左は左はJICA横浜(国際協力機構横浜センター)、奥へ行くと客船ターミナル。現在はホテルや商業施設を併設した横浜ハンマーヘッドという客船ターミナルに建て替えられています。
北東方向。奥は横浜海上保安部の施設。
左奥に横浜ベイブリッジを望む東方向。手前は開国博Y150に向けて工事中でした。横浜港大桟橋埠頭に豪華客船の飛鳥IIが停泊中。右には横浜赤レンガ倉庫。
広告
南西方向。横浜赤レンガ倉庫前を通る国際大通り。開国博Y150は横浜開港150周年記念の博覧会で、左は「トゥモローパーク」エリア、右が「はじまりの森」エリア。
夜の赤レンガ倉庫付近の国際大通り。
ライトアップされた横浜ベイブリッジ。
横浜赤レンガ倉庫を国際大通り側から見た2枚。左の2号館は1911年(明治44年)に、右の1号館の方が遅い1913年(大正2年)に竣工し、税関の保税倉庫として使用。
改修工事を経て2002年には商業・文化施設としてオープンし、2021年9月現在、2号館1~3階と1号館1階で計50店舗ほどが営業。1号館2階・3階は展示スペースやホールの文化施設部分。奥は海。ここまで2008年の撮影です。
ここから8枚は2010年の撮影です。海側から見た横浜赤レンガ倉庫。2007年には経済産業省の近代化歴史遺産に認定。建物内(商業施設部分)も通常のショッピングセンターと違って照明が控えめな点で倉庫の雰囲気がありました。
横浜赤レンガ倉庫は周囲の広場も含め赤レンガパークとして整備されています。
赤レンガパークからの海(横浜港)の眺め。東北東。大桟橋埠頭や横浜ベイブリッジ方面。
南東。左に大さん橋ふ頭ビル、中央奥に横浜マリンタワー、右に象の鼻パーク。
南西。対岸は象の鼻パーク。中央のライトアップされた建物は横浜税関、右のビルは神奈川県警本部。
象の鼻パークや横浜税関へズーム。
西北西。中央部に横浜ランドマークタワー。赤レンガパークは海に突き出た部分があるので広い範囲を見渡せます。
広告
象の鼻パークの山下臨港線プロムナードから見た横浜赤レンガ倉庫。
ここから再び2008年の撮影です(5枚後は2010年)。国際大通りの新港橋から見た赤レンガパーク(左)。奥(東)には大桟橋埠頭。
中央に大さん橋ふ頭ビルを望む東南東。
南東方向。象の鼻パーク。
南方向、新港橋。歩道部分は汽車道から続く貨物線「山下臨港線」の鉄橋でした。
反対に北向き。
国際大通りを北へ少し進み、赤レンガ倉庫前交差点(この1枚は2010年)。
赤レンガ倉庫交差点、西北西方向。左奥にはナビオス横浜。
国際大通りは北西へカーブ。ページ冒頭の写真を撮影した新港サークルウォークが奥に。すぐ前方で右折すると次の写真です。
北北東方向。横浜海上保安部への道。
北北東へ進み、横浜海上保安部手前で左折したところ。のちに右側にはショッピングモールの「MARINE & WALK YOKOHAMA(マリン&ウォーク ヨコハマ)」が建ちました。
2008年11月(17枚)と2010年11月(9枚)に撮影しました。
桜木町駅周辺の最終ページです。
広告
掲載内容は撮影時または編集時のものです。運賃や写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。
近隣地区のページ
JR根岸線
上り 北へ2駅:東神奈川
JR根岸線
下り 南へ2駅:石川町
ブルーライン
北隣1.2km:高島町
ブルーライン
南西へ7駅:上大岡
近く:みなとみらい
写真が満載の
townphoto.net
神奈川県の
目次へ
ページの
上部へ

地図のでこのページを撮影しました。
神奈川県横浜市中区
桜木町駅周辺 その1~8 画像186枚
1 桜木町駅西口から桜川新道へ(22枚)
2 野毛大通り・動物園通り(24枚)
3 野毛の大規模飲食店街(18枚)
4 桜木町駅東口から弁天橋へ(22枚)
5 日本丸とランドマークタワー付近(24枚)
6 汽車道と運河パーク付近(24枚)
7 横浜ワールドポーターズ付近(26枚)
8 赤レンガ倉庫付近(26枚)
 まとめ・要約版
サイト内の記事をランダムに表示しています



Home
> 神奈川県 > 横浜赤レンガ倉庫付近 | 桜木町駅周辺を大紹介 撮影写真186枚 のページです。