オリジナル写真が満載の地域紹介サイト townphoto.net > 神奈川県 > 愛甲郡愛川町 > 中津(あいかわまち なかつ)
(地図のの部分)
愛川町南東部(中津)
風景・街並み等28枚


画像表示サイズ
愛川町のメインストリートで路線バスも多く走る県道65号。町の南東部、飲食店等で賑やかな場所で北向き。ここより若干手前で左へ入るとページの中ほどの若宮坂方面です。
県道65号(厚木愛川津久井線)を北へ進みます。焼肉、ガスト、フィリピンパブ前。
街灯に中津商店会と記載され始める地点。このページの範囲は以前は中津村でした。前方には運輸支局入口バス停。厚木バスセンター(本厚木)から北へ約30分、380円。
途中店舗が一旦減る住宅街区間を抜けて、料亭や自動車ガラス専門店付近。
スーパーのCOOP中津店(左)。右に神奈川トヨタ、前方にネッツトヨタ神奈川、奥に日産サティオ湘南と、自動車関連が集まります。
日産サティオ湘南前。奥の歩道橋が写っている交差点で右折するとページ下部のマルエツ方面。
歩道橋北側、一本松バス停。厚木バスセンターから約31分、420円。海老名駅西口から約29分、430円。すぐ先の右側にはJA。
JA県央愛川とグリーンセンター・ギフトプラザあいかわ。ギフトプラザはその後、大きくて立派な建物に改築されました。
花屋、美容室入口、モータース。
ドラッグセイムスとゲオ。この先も商業地が続きますが、この日は町の南東部に用事があったのでここで折り返しました。
このページの1枚目の地点付近から住宅街を西へ500mほど進み、中津川の河岸段丘を下る若宮坂への入口。この段丘崖沿い上部が中津村の中心でした。
雑木林や竹林の中を下る若宮坂。中津村は1956年(昭和31年)に愛川町へ編入合併し、その後に県道沿いや工業団地が開発されました。
下った先の田園風景。北西方向。左に中津川の低い堤防が見えます。
中津川。下流方面(南東)を2枚。
河原にて。中津川は厚木の市街地付近で相模川へ合流します。
このページの1枚目よりも少し南の桜台交差点から東へ約200m。神奈川県内陸工業団地の南西端にあたる鴻池運輸の物流センターアツギ(左)。
東へ進みます。神奈川県内陸工業団地は愛川町と厚木市に跨り、東西に約1.4km、南北に約1.6km、面積約235万㎡。工業団地の北東に圏央道の相模原愛川ICが開業しました。
桜台団地入口交差点。このまま東へ進むと相模川の河岸段丘崖になり、中津の旧村中心部から工業団地にかけては、東西の河川に挟まれた段丘面に位置します。
桜台団地入口交差点で左折して北西へ進んだ場所。画像中央には中津工業団地第二公園。工業団地の内部です。
公園横の銀杏並木。 奥の鉄塔付近に相模自動車検査登録事務所があります。
銀杏の落ち葉の絨毯になっていた中津工業団地第二公園。
関東運輸局神奈川運輸支局 相模自動車検査登録事務所。相模ナンバーを交付します。
運輸支局北側の鉄塔ロータリー。南東方向。
ロータリーから工業団地の外に出て北西へ進み、中津中央商店会。奥の交差点右にはマルエツが出店。
スーパーのマルエツ中津店とダイソー。
マルエツ前の交差点。北東方向。
反対に南西方向。街灯には大きく中津中央商店街と書かれています。
南西へ少し進み、横浜銀行愛川支店付近。前方の交差点で県道65号に出ます(左折で日産サティオ湘南方面、右折でJA方面)。
2010年12月に撮影しました。2019年5月10日スマホ対応化に合わせて更新しました。
広告

バスの行き先(南):本厚木
バスの行き先(南東):海老名
相模川対岸(東):下溝
トップ > 神奈川県 > 県央地域を大紹介
【相模原市】(緑区) 橋本 城山 相模湖 藤野 (中央区) JR相模原 矢部 淵野辺 南橋本 上溝
 (南区) 古淵 原当麻 下溝 相武台下  【大和市】中央林間 つきみ野
【厚木市】 本厚木 【海老名市】海老名 厚木 社家 門沢橋 【座間市】座間 入谷 【愛川町】中津


掲載内容は撮影時または編集時のものです(運賃は2018年時点)。 写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。 | 五十音順目次 都市一覧目次