☆豊富なオリジナル風景・街並み写真で大紹介☆
townphoto.net(タウンフォト ネット)
Home
茨城県
近隣
その1
その2
その3
桜川市 岩瀬(いわせ)駅周辺 その1
岩瀬駅~岩瀬庁舎・櫻川大橋
ページ内の記事画像26枚(その1~3計70枚)
JR水戸線 岩瀬駅。人口約4万人の桜川市の代表的な駅で、簡易Suica改札機が設置されています。平成の大合併前は岩瀬町でした。両隣の駅と合わせて計3駅が桜川市内。
岩瀬駅は1889年(明治22年)1月に開業。2018年度1日平均乗車人員は1010人(乗降人数は倍の2020人程度)。水戸と小山の中間点近くに位置します。
岩瀬駅ホーム、下り方面(東)。左が駅舎側。下り列車で笠間へ約15分、242円。常磐線乗換駅の友部へ約24分。常磐線水戸駅へは半数程度の列車が直通し、約42分、682円。
西向き。上り列車は下館へ約14分、242円。小山へ約35分、506円。岩瀬と土浦を結んだ筑波鉄道の駅が左手にありましたが1987年に廃止され、線路跡はサイクリングロードに。
駅前の交差点で南向き。中央やや右に駅舎、左奥に筑波山地。赤い自販機付近で右を向くと次の写真です。
駅前広場で西向き。奥でこちらを向くと次の写真です。
駅前広場で東向き(右に駅舎)。
桜川市バス岩瀬駅停留所。旧岩瀬町~旧大和村~旧真壁町~市外の筑波山口(つくば市)を結ぶ路線です。筑波鉄道も1987年の廃止前は真壁駅や筑波山口(当時は筑波駅)を経由していました。
撮影時点の市バス時刻。筑波鉄道は全長40.1km、そのうち岩瀬駅~真壁駅は9.9km、岩瀬駅~筑波駅は19.9kmでした。筑波鉄道の北半分の代替といえそうな市バス路線です。
岩瀬駅から出たあたりの景色。駅前通り(県道307号岩瀬停車場線)が前方の北へ伸びています。
駅前通りを北へ進みます。結城街道(左右方向・次のページで進みます)との交差点。
北へズーム。
銅鐡店(左)や焼き鳥店(右)。
旧国道50号との交差点。右折すると市役所岩瀬庁舎(旧岩瀬町役場)方面。
広告
右折して旧国道50号を東へ。先ほどの結城街道よりも新しい道です。薬局と歯科医院前。
岩瀬郵便局と山王神社の林。
桜川市役所岩瀬庁舎。右奥は山王病院。桜川市は2005年(平成17年)10月1日に2町1村合併で発足し、市役所本庁舎は旧大和村に設置。旧岩瀬町と旧真壁町は各人口約2万人で、真壁は中世の城下町、岩瀬は市街地が近年拡大。
山王神社鳥居。
山王神社。
駅前通りに戻って北へ。常陽銀行岩瀬支店と石のアート。
市名の由来となった桜川に架かる櫻川大橋を2枚。桜川は水源がある旧西茨城郡岩瀬町から旧真壁郡大和村、旧真壁郡真壁町、つくば市へと南へ流れ、土浦市街で霞ケ浦へ。
また、市役所のサイト「市名の由来」のページによると『歴史の面で桜川市は「西の吉野、東の桜川」と言われるほど、平安時代から桜の名所としで知られ、…』という地域。
櫻川大橋から見た桜川。上流方面(東)。左手の運動場が次の写真です。東へ約2.5kmの場所には国指定文化財・天然記念物の名勝「桜川のサクラ」があります(川から少し離れた丘にあります)。
桜川沿いの運動場。奥(やや右)には岩瀬中央公民館が見えます。
櫻川大橋を渡った北側の駅前通り。筑波銀行岩瀬支店(左)、カラオケまねきねこ(右)。青い案内板がある岩瀬駅入口交差点で国道50号岩瀬バイパスと交差。
岩瀬駅入口交差点で南向き。岩瀬駅まで約550m。左右方向が岩瀬バイパス。
2017年12月に撮影しました。
続き:結城街道~桜橋付近の商店街
広告
掲載内容は撮影時または編集時のものです。運賃や写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります(運賃やダイヤは2021年4月時点)。
近隣地区のページ
JR水戸線
下り 東へ6駅:友部
写真が満載の
townphoto.net
茨城県の
目次へ
ページの
上部へ
茨城県桜川市
岩瀬駅周辺 その1~3 画像70枚
1 岩瀬駅~岩瀬庁舎・櫻川大橋(26枚)
2 結城街道~桜橋付近の商店街(24枚)
3 岩瀬バイパスの商業地と石(20枚)
サイト内の記事をランダムに表示しています



Home
> 茨城県 > 岩瀬駅~岩瀬庁舎・櫻川大橋 | 桜川市岩瀬を大紹介 写真70枚 のページです。