オリジナル写真が満載の地域紹介サイト townphoto.net > 群馬県 > 藤岡市 > 群馬藤岡駅周辺(その1~2 計70枚 JR八高線 ぐんまふじおか)
群馬藤岡その2(地図のの順)
本通り・中央通り・宮本町
風景・街並み等38枚


 その1.駅前等 その2.中央通り等
画像表示サイズ
^本通り(四丁目交差点~二丁目方面)
JR群馬藤岡駅から南西へ約450mの四丁目交差点。 前後方向は本通り、右折方向(西)は8枚後以降の中央通り商店街。
前の写真から直進、街灯に「ふじおかすとりーと」という表記がある本通りを南へ。
大きな招き猫の宝くじ売り場・電気商会、陶器店。
反対向き(北)。
三丁目のピアゴ・藤岡郵便局前。
藤岡郵便局。
スーパーのピアゴ藤岡店。1階に食品売り場とダイソー等。2階に衣料関連とアミューズメント(ハローズガーデン)等。
ピアゴより南、二丁目方面へズーム。街灯にも書かれた二丁目・三丁目等は住所ではなく行政区名で七丁目まであります(○○町等は付きません)。
^中央通り(四丁目交差点~七丁目交差点西側)
このページの1枚目と同じ四丁目交差点。西方向、中央通り商店街。
本通り北方向。前のページで通った群馬藤岡駅方面。
中央通り商店街(えふもーる)を西へ進んで行きます。幅広の歩道が整備されています。
藤岡市役所サイト内、まちなか絹市歴史散歩まっぷのページによると、「江戸時代、藤岡市の中心市街地にある商店街は、絹の取り引きで栄え、大変にぎわいました。」
「その繁栄の中心となったのは、笛木町(現在の本通り)と動堂町(現在の中央通り)の2つの通りでした。」という歴史を持つ地区です。
まっぷには「京都や江戸等から多くの人々が集まり」とも書かれ、先ほどの二丁目より南の一丁目方面から、途中四丁目交差点で曲がり、この先の七丁目以西までが特に中心街として栄えたようです。
反対の東向き。
茶やまき園(右)付近。
ミネギシ総合電化(右)付近。
反対の東向き。
街灯に七丁目と書かれた区間に入ります。
反対の東向き。ニコニコ本店、正札堂。
老舗和菓子屋の虎屋本店(左)、長谷川輪業商会(右)。
向かい側の歩道にて、反対の東向き。
七丁目交差点。一丁目方面から四丁目交差点を経てここまで県道23号、直進すると県道175号。
交差点の西へ直進して、しののめ信用金庫藤岡営業部前。 信金合併前は多野信用金庫本店だった建物。多野は郡名。
七丁目交差点、振り返って東方向。
交差する道の南方向(県道40号)。
^七丁目交差点北側~宮本町交差点付近
北方向。県道23号の続き(右が交差点角の店舗)。
県道23号を北へ進んで行きます。竜源寺(左)前。
藤岡商工会議所会館(右)前。1階にレストラン・シャクナゲ、3階に300人規模のホール等もあり。
七丁目北交差点と労金。
金物総合センターおぎはらと労働金庫前バス停。
宮本町交差点とエーツー藤岡店。
更に北の県道23号。宮本町交差点より北へ約850mで藤岡市役所前。藤岡市役所前より北へ約1.5kmで上信越自動車道と交差、その近くに藤岡ICや高速バスのりばがあります。
宮本町交差点、東方向。突き当りの群馬藤岡駅まで約500m。
南方向。先ほどの七丁目方面。
西方向。
駅へ向かって東へ進む2枚。
かみつけ信用組合(合併後ぐんまみらい信用組合)藤岡支店前。あと約300mで群馬藤岡駅に到着します。
2012年7月に撮影しました。2019年2月22日スマホ対応化に合わせて更新しました。群馬藤岡駅周辺の最終ページです。
広告

次の掲載駅(下り2駅先):倉賀野
群馬藤岡その1 駅前へ戻る
(上り・南東←)
-
-
折原
-
-
用土
-
-
-
-
-
北藤岡
-
-
(→下り・北西)
トップ > 群馬県を大紹介
中毛:前橋要約 前橋駅 中央前橋駅 千代田 前橋銀座 中央通・弁天通 県庁周辺 新前橋 / 伊勢崎 新伊勢崎
西毛:高崎西口 東二条・レンガ 大手前慈光通り 銀座・さや・田町 高崎東口 新町 倉賀野 高崎問屋町 井野
   群馬藤岡 / 横川 / 高崎旧map  東毛:桐生・西桐生  北毛:水上


掲載内容は撮影時または編集時のものです。 写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。 | 五十音順目次 都市一覧目次