各地を歩き8万枚超の独自写真で地域紹介 townphoto.net
Home
福島県
その1へ

その2
地図は
下部に
田村市 大越駅周辺 その2
旧大越娯楽場と役場跡付近
ページ内の記事写真20枚(その1~2計52枚)  写真: 背景:
大越駅から南へ直線で約400mの都橋より、牧野川下流方面(北)の眺め。駅に隣接する工場の設備も見えます。
都橋で東向き。右にはJA大越支店。
広告
西向き。こちらへ進みます。
住友大阪セメント田村工場跡地に別の会社が建設する田村バイオマス発電所に反対する大越の大声。
坂を上った地点で振り返って東向き。
西へ進み、大越の市街地メインストリートとなっている県道19号船引大越小野線へ出る交差点。
県道19号南東方向。道路右側に大越駐在所や、撮影時は工事中だった大越小学校があります。
県道19号北方向。左は旧大越娯楽場(現在は田村市大越武道館)。市役所サイト内の解説PDF文書によると、1926年(大正15年)に開場し、芝居や演芸等が行われ、生産が盛んだった葉タバコ等の農産物品評会場・共同出荷所としても使用。
旧大越娯楽場は国登録有形文化財。若者が都会へ出るのを憂えた大越村の宗像利吉 氏が娯楽施設の必要性を訴え、今和次郎 氏の設計により実現。宗像利吉氏は田村郡を葉タバコの名産地とすることにも力を尽くした人物。
旧大越娯楽場の北隣、大越郵便局前。
反対に南向き。
大越郵便局(左)の横から西へ向かう見渡神社の参道。
広告
県道19号、大越の中心街を北へ進みます。酒店前。
大きな時計付きの建物。
駅方面入口の交差点。右折して約200m先の突き当りが大越駅。
もう少し北の県道19号沿い。旧JA支店の跡地。
大越町役場跡地。鳴神城(大越城の通称)の麓で、お城の絵があるポケットパークになっています。現在の田村市大越行政局はここから南へ約1.4km。
駅方面入口の交差点に戻って南向き。
駅方面へ進んだ地点。奥に欄干が一部写っている鷹待田橋を渡ると大越駅。
2017年11月に撮影しました。
大越駅周辺の最終ページです。
広告

地図ので当ページを撮影しました。
福島県田村市
大越駅周辺 その1~2 画像52枚
1 大越駅と駅前・鬼伝説(32枚)
2 旧大越娯楽場と役場跡付近(20枚)
-
-
三春
-
要田
-
船引
-
磐城常葉
-
-
-
神俣
-
-
夏井
-
川前
-
江田
-
小川郷
-
赤井
-
(→上り・南東)
広告
サイト内の記事をランダムに表示しています。
掲載内容は撮影時または編集時のもので、現状とは異なる場合がございます。
このページをポスト:
Home
> 福島県 > 旧大越娯楽場と役場跡付近 | 田村市大越の紹介 撮影写真52枚 のページです。(C)townphoto.net