☆豊富なオリジナル風景・街並み写真で大紹介☆
townphoto.net(タウンフォト ネット)
Home
福島県
近隣
その1
その2へ
いわき市 湯本駅周辺 その1(ゆもと)
湯本駅~御幸山公園・展望風景
広告
温泉観光地の玄関口、JR常磐線 湯本駅。特急ひたちが全列車停車駅し、東京駅から約2時間10分。手前はブロンズ像が設置されているブロンズ通り。
南側から見た駅舎(写真中央)や駅前広場。湯本駅の2017年度1日平均乗車人員は2,115人(乗降は倍の4,230人程度)。市の中心・いわき駅からは南西へ普通列車で約8分、195円。
駅の東西を結ぶ歩道橋より、北西方向。駅舎前のバスのりば付近(線路の西側)。
線路東側で北西方向。湯本駅ホーム、駐車場、湯本川上流方面。
南方向。左に国道6号沿いのマルト浅貝店が見えます。
歩道橋下の湯本東口バス停付近。国道6号線北方向。
いわき市を中心に展開しているスーパー、マルト(浅貝店)。
線路西側に戻り、駅舎を出たあたりの景色。西方向。右に一番町商店会のゲートがあります。
同じく西方向。1枚目にも写っていたブロンズ通り。
西へ進み、駅前通りとの交差点で4枚。西方向、高台の御幸山公園方面。
北方向、駅前通り(県道56号常磐勿来線)。
東方向、ブロンズ通り。駅舎まで100m足らず。
南方向、駅前通り(県道56号常磐勿来線)。
いわき湯本温泉の由来。『「三函(さはこ)の湯」と称され、千二百年前頃の平安時代「延喜式神名帳」に記載のある温泉で、有馬温泉、道後温泉と並ぶ日本三大古泉』『温泉源は海洋深層水の浸み込みとされ』等と書かれています。
広告
御幸山公園入口、桜の装飾が付いたサイズ的にもかわいらしい門。御幸山公園は桜の名所でもあります。
階段途中からの景色。
ホテルうお昭と、樋口リウ女史像がある広場。
広場で南向き。樋口リウ女史像には『厚生保険の先覚者として又進歩的な教育家として 幾多人材を社会に送り 自ら助産を業として 風雪実に五十年 倦むところなく今に精進をつけている』等と書かれています。
御幸山公園からの展望風景。北北東。左奥が温泉街中心部方面。
東北東。湯本駅方面。
ブロンズ通り沿いと湯本駅へズーム。
樋口リウ女史像の広場を南へ移動した地点で、東南東。左端にうお昭、左奥に駅前バスのりば。
湯本駅舎(左)やバスのりば付近へズーム。
南東。
南側から見た樋口リウ女史像の広場。左の高い部分に上ると招魂碑や展望台があります。
招魂碑。
展望台への道。
展望台からの眺め。東方向。駅東西を結ぶ緑の歩道橋が見えます。
南東方向。
南東へズーム。左側遠くに、いわきマリンタワー(約10km先・小名浜地区)。下を走る電車は特急スーパーひたち。
2010年8月に撮影しました。
続き:一番町~温泉通り・駅前通り
広告
近隣地区のページ
JR常磐線
上り 南西へ2駅:植田
福島県の目次へ
このページの上部へ
写真が満載の地域紹介サイト
townphoto.net ホームへ
福島県いわき市
湯本駅周辺 その1~2 画像70枚
1 湯本駅~御幸山公園・展望風景(30枚)
2 一番町~温泉通り・駅前通り(40枚)
サイト内の記事をランダムに表示しています