各地を歩き8万枚超の独自写真で地域紹介 townphoto.net
Home
千葉県
地図は
下部に
鎌ケ谷市 しんかまがや
新鎌ヶ谷駅~大型店~市役所
ページ内の記事写真38枚です。  写真: 背景:
目次


1.東口と北口
鉄道4社の路線が交わり、駅前広場では東経140度線も交わる新鎌ヶ谷駅。写っているのは東口でその右側に東武野田線の駅。奥へ通り抜けた北口側に他3社の駅があります。
東口から出たあたりの景色。東向き。駅前広場の先には新鎌通り沿いのアクロスモール新鎌ヶ谷。北総線高架下にはマクドナルド、くすりの福太郎(本社が近所)。
広告
東武の新鎌ヶ谷駅。1999年(平成11年)に開業し、2018年度1日平均乗降人員は41,006人。急行で船橋から北へ約8分、199円、柏から南へ約11分、251円(2020年11月現在)。
東武特急リバティと鬼怒川温泉・日光エリアを走るSL大樹の大型模型が展示されていました。左にはジオラマも。
東武の新鎌ヶ谷駅北口。追記:正式には東武のみケが大きい新鎌ケ谷駅です。
東武の北口を出たあたりの景色。西向き。前方左に3社の新鎌ヶ谷駅北口があり、高架下の通路でも結ばれています。乗り換えは改札を出てから。
3社の新鎌ヶ谷駅北口。北総鉄道(駅開業は1991年)、新京成電鉄(1992年)、京成電鉄(線路を北総鉄道と共用する成田スカイアクセス・2010年開業)の出入口です。
更に西の北総鉄道高架沿い。東京の日本橋との間はアクセス特急で約34分、949円(特急料金不要)。新京成線は松戸へ約19分、199円、新津田沼へ約21分、220円。右へ行くと次の写真です。
北口から北へ少し進んだ地点。東武の線路を渡る通路の出入口(右)前。
東武の線路を渡る通路。
その通路から見た東武の新鎌ヶ谷駅ホーム。北向き。掘割を走行して南側で北総線や新京成線と立体交差。
通路を渡った東側で東向き。
広告
南向き。駅東口方面。
東口の駅前広場北部、フルーツ狩り等の観光農業組合看板。特に梨の生産が多く、市のマスコットキャラ「かまたん」も梨と野菜の妖精ですって。前方足元の緑ラインは東経140度線です。
農業の看板側から見た駅前広場のロータリー部分。南向き。
アクロスモール新鎌ヶ谷(右)前の新鎌通りで北向き。300mほど進むと果樹園や畑がある農業地区に入ります。
駅東口近く、ロータリーの自動車出入口。
前の写真ではトラックに隠れている美容室の前。
ロータリー出入口のスクランブル交差点で北向き。
アクロスモール新鎌ヶ谷。2006年オープン。公式サイトによると約70の専門店に笑顔が集うショッピングモールです。
県庁HP内の市町村別大規模小売店舗名簿(令和元年12月末日現在)によると、届出店舗面積11,688㎡で鎌ケ谷市内2位の規模。
東口側から北総線の高架をくぐって南向き。すぐに新京成線の高架(撮影時工事中)と新京成線の踏切(撤去予定)、その先にはイオン。
広告





2.駅南側・イオン等
新京成線の高架下で北向き。前方に北総線の高架やアクロスモール新鎌ヶ谷。右(東)へ約200mの場所に北総鉄道本社が立地。
反対に南向き。左はイオン鎌ヶ谷ショッピングセンター。2004年オープン。届出店舗面積23,358㎡で鎌ケ谷市内最大規模の小売商業施設。核店舗のイオン鎌ヶ谷店とヤマダ電機など40数店舗の専門店。
イオンの向かい、新鎌ヶ谷駅南口の駅前広場・ロータリー。
高架化工事中だった新京成線の新鎌ヶ谷駅。写真中央やや右の黒っぽい部分の1階が南口になると思われます(北口へ通り抜けられる位置です)。
駅前交番(右)も南口側に立地。
ロータリーと新鎌通りの間、広い歩道。
ロータリーの南、京葉銀行新鎌ヶ谷支店前で2枚。
2000年頃の地図では新鎌通りが存在せず、新鎌ヶ谷駅周辺は建物も少ない状態でした。
新鎌通りを南へ進み、東横イン駅前(千葉新鎌ヶ谷駅前)。
反対に北向き、新鎌ヶ谷Fタワー前。1階は千葉銀行鎌ケ谷支店。2020年11月現在234店舗を展開するくすりの福太郎の本社も入居。
広告





3.市役所付近と初富駅前車窓
新鎌通りの南の突き当りは総合福祉保健センター。その左隣に市役所。鎌ケ谷市の人口は約11万人、面積は21.08k㎡。農地が住宅地化したベッドタウン都市で工業規模は小さめ。
鎌ケ谷市役所。鎌ケ谷村は1958年(昭和33年)8月に鎌ケ谷町となり、僅か13年後の1971年9月に市制施行。1960年の国勢調査人口は13,496人、1975年には63,288人に急増。
鎌ケ谷市総合福祉保健センター。現在の新鎌ヶ谷駅周辺は公共施設や大型店が集まり、鎌ヶ谷駅周辺よりも市の中心といえそうです。
東武線車内から見た総合福祉保健センター。左にはイオンや公園も。
更に南へ約500mの東武線東側車窓。新京成線の初富駅前です。前方約100mに新京成線の高架が見え、道路の左が初富駅。東武線は新鎌ヶ谷駅と鎌ヶ谷駅の中間で駅がなく通過。手前右はショッピングプラザ鎌ヶ谷。
ショッピングプラザ鎌ヶ谷。イトーヨーカドー旧店舗を建て替えて2013年にオープン、届出店舗面積4,967㎡で市内3位。看板が写っている店舗の他、しまむら等が出店。3~4階は540席のホール等がある「きらり鎌ケ谷市民会館」。
2018年3月訪問・撮影、2020年11月21日公開。
広告

地図のと車窓で当ページを撮影しました。
-
(略)
-
秋山
-
東松戸
-
松飛台
-
大町
-
-
西白井
-
白井
-
小室
-
-
(→下り・東)
八柱
-
常盤平
-
五香
-
元山
-
くぬぎ山
-
北初富
-
-
初富
-
鎌ヶ谷大仏
-
二和向台
-
三咲
-
滝不動
-
(略)
-
(→下り・南)
流山おおたかの森
-
豊四季
-
-
新柏
-
増尾
-
逆井
-
高柳
-
六実
-
-
-
馬込沢
-
塚田
-
新船橋
-
船橋
(→下り・南)
広告
サイト内の記事をランダムに表示しています。
掲載内容は撮影時または編集時のもので、現状とは異なる場合がございます。
このページをポスト:
Home
> 千葉県 > 新鎌ヶ谷駅~大型店~市役所の紹介(撮影写真38枚)鎌ケ谷市 のページです。(C)townphoto.net