写真が満載の地域紹介サイト townphoto.net > 山梨県 > 笛吹市 >
 石和温泉駅周辺 の風景・街並み紹介
 (JR中央本線 いさわおんせん 写真64枚)

石和温泉駅前
駅前通り
市部本通り以南
スポンサーリンク

 
  石和温泉駅前
写真をクリックして拡大表示できます。

JR石和温泉駅。6町村合併による笛吹市の中心となる駅。
笛吹市の人口は約7万人、合併前の石和町の人口は約2万7千人。

駅の跨線橋より4枚。上り(東)、山梨市・新宿方面。
新宿から特急かいじ号で約1時間33分。

下り(西)甲府方面。左に駅舎、奥には太平洋セメント。
甲府から2駅目、約7分、運賃190円。

出口のない北側には石和第五保育所。
奥に山梨百名山の大蔵経寺山。

南側。駅前ロータリー。

駅を出て正面、南へ伸びる駅前通り。

南へズーム。

右に駅舎並びの観光案内所。前方に公園。左に足湯。

ロータリー西側、石和温泉駅前公園あしゆ。

線路沿いの石和温泉駅前公園。

駅前の交差点、西方向。

北方向。駅舎と大蔵経寺山。

ロータリーの足湯側。

東方向。
県最大の温泉街で宿泊施設が広範囲に分布、タクシーが多数待機。

駅前の交差点、東方向。

駅前立地の大型商業施設、イオン石和店。
 
  駅前通り

駅前の交差点から駅前通りを南へ進んで行きます。
前方には富士山も見えます。

石和温泉駅前から見た富士山。

反対向き。


駅前通り側から見たイオン。


イオン駐車場入口。



ホテルやまなみ(左)。

石和温泉駅南交差点。
通り沿いにはホテル・旅館の案内所もいくつか。

石和名湯館 糸柳。

しまむらとセイジョー(左奥の薬)のショッピングセンター、fine。


駅から約400m地点。第二平等川(近津用水)に架かる石和橋。

笛吹権三郎の像と伝説。市名にも採用された笛吹川の名称由来。
かつて笛吹川はこの付近を流れ、現在は800mほど南東を流れます。

駅方面。

北東方向(第二平等川上流)ここから3枚。

温泉宿泊施設は駅周辺よりも川沿いに1〜2km進んだあたりに多数。
右の緑屋根は糸柳。

上流へズーム。1〜2km先の川沿いの道は、さくら温泉通りとなります。
(今回は行っておりません)

反対に南西方向(下流)。左の建物は慶山。

下流へズーム。

駅前通りを南へ。石和橋のすぐ南、華やぎの章 慶山。

小松導平翁石碑(左)付近。

水害復興の父、小松導平翁石碑。

石和温泉旅館協同組合による案内。

その向かいの果樹園。笛吹市は桃・ぶどう収穫量が日本一。
ワインも特産品で、ワイン工場への案内矢印(右前方)も出ています。

菓子処と手打そば。

アートな地点。「和の泉」

「相関」
 
  市部(いちべ)本通り以南

石和温泉駅から南へ約800m。
市部本通り(国道411号)と交わる石和温泉駅入口交差点。

交差点を渡って駅前通りを南へ。

石和南小入口交差点。
案内板の石和陣屋跡地は石和南小学校となっています。

駅から約1km地点のゆるいカーブ。右を向くと新鮮市場石和(3枚後)。

この先はチェーン店舗が集中するロードサイド商業地。


ホテル・旅館御用達の食材スーパー等が集まる新鮮市場石和。

駅方面(北)。

石和温泉駅入口交差点。市部本通り西方向。

西へ入ったところ。

駅前通り北方向。


北へズーム。

市部本通り東方向。

東へズーム。旧甲州街道の石和宿だったあたり。

東へ入ったところ。

石和八幡神社。

右の青い車の先に、新宿発の高速バス停の屋根が見えます。
2011年12月に撮影しました。石和温泉 ホテルやまなみ 石和名湯館 糸柳 華やぎの章 慶山(施設案内・予約サイト)

スポンサーリンク
次の駅(下り):酒折
(下り・西←)
-
-
-
-
-
-
春日居町
-
-
東山梨
-
-
勝沼ぶどう郷
(→上り・東)
トップ > 山梨県 > 県内の掲載地域一覧(主に駅名です)
中北地域:(甲府市)甲府駅 繁華街 酒折 (甲斐市)竜王 塩崎 (韮崎市)韮崎 (北杜市)長坂 小淵沢 清里
峡東地域:(笛吹市)石和 (山梨市)山梨市 (甲州市)塩山
富士・東部:(上野原市)上野原 (大月市)大月 上大月 (都留市)都留市 谷村町 都留文科大学前
      (富士吉田市)月江寺 富士山駅 (富士河口湖町)河口湖駅 河口湖畔


掲載内容は撮影時または編集時のものです(運賃は税5%)。写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。 | 五十音順目次 都市一覧目次