写真が満載の地域紹介サイト townphoto.net > 東京都 > 千代田区 >
 千鳥ヶ淵周辺 の風景・街並み紹介
 (ちどりがふち 写真64枚)

半蔵門〜北の丸公園
千鳥ヶ淵緑道
内堀通り北部

靖国神社・日本武道館()はこちら 九段下駅前()はこちら 竹橋()はこちら
スポンサーリンク

 
  半蔵門〜北の丸公園
写真をクリックして拡大表示できます。

新宿通りの東端、半蔵門交差点(ここから4枚)。
前方は皇居の半蔵門、左右は内堀通り。

内堀通り南方向、国会議事堂方面。

西方向、新宿通り。奇抜なデザインのワコール麹町ビル(左)付近。
200mほどで地下鉄半蔵門駅。

内堀通り北方向、イギリス大使館方面。右手に千鳥ヶ淵公園。

内堀(半蔵濠)と内堀通りの間に細長く伸びる千鳥ヶ淵公園。

千鳥ヶ淵公園から見た皇居の半蔵門。

千鳥ヶ淵公園の桜と半蔵濠。

内堀のうち半蔵門と代官町通りの間の部分が半蔵濠。

イギリス大使館。

イギリス大使館前の内堀通り。

北へ進み、代官町通りと交わる千鳥ヶ淵交差点(ここから4枚)。

交差点から東へ行く代官町通り。

内堀通り南方向。半蔵門交差点まで約450m。

西。

代官町通りを東へ進んだところ。

右を向くと半蔵濠。

東へ進み、右に皇居、左に千鳥ヶ淵の土手が続く区間。

土手に上った2枚。

前方に国立近代美術館工芸館。

土手から見た千鳥ヶ淵。
左前方の緑地は戦没者墓苑、右前方は北の丸公園。

工芸館前から見た首都高速都心環状線。

国立近代美術館工芸館。

ここからは北の丸公園側から見た画像です。
千鳥ヶ淵と首都高越しに皇居方面の2枚(南方向)。


西方向。戦没者墓苑付近のビル群。

中央に赤い壁のイタリア文化会館ビル。

イタリアより北側。

千鳥ヶ淵に面するあたりの北の丸公園の様子を3枚。


 
  千鳥ヶ淵緑道

靖国通りから千鳥ヶ淵緑道への入口。

千鳥ヶ淵緑道を南へ進みます。

緑道から見た千鳥ヶ淵(東向き)。ビル街は九段下駅前。

緑道の車道側(西側)、農林水産省分庁舎 三番町共用会議所。

千鳥ヶ淵緑道を南へ。

南に首都高環状線(その奥は皇居)を眺められる地点。

ボート乗り場出口。

車道側、千鳥ヶ淵戦没者墓苑入口。

対岸は北の丸公園。


ボート乗り場入口。

西に向きを変え、首都高と並ぶ区間。
しばらく進むと内堀通り(墓苑入口交差点)に出ます。

東向き。

墓苑入口交差点付近から見た首都高と千鳥ヶ淵。
 
  内堀通り北部

墓苑入口交差点、内堀通り南方向。左のトンネルは首都高。
約100m先には代官町通りと交わる千鳥ヶ淵交差点。

交差点南西角の公園。

西。

内堀通り北方向。

北〜東の2枚。

東。千鳥ヶ淵緑道入口。

内堀通りを北へ進み、ファミ通のエンターブレイン(左)前。
左折すると番町学園通り。右に千鳥ヶ淵ハウス(マンション)。

南向き。

番町学園通り。

内堀通りを北へ進み、宮内庁分室(左)・三番町KSビル(右)前。

北へ進み、宏正三番町第一ビル (左)・きんでん(右)前。

右折すると鍋割坂。つきあたりは千鳥ヶ淵緑道。

夏目漱石も学んだという二松學舍大学九段キャンパス。
新校舎完成で4年間九段通学(柏へ通わずに済む)が可能に。

二松學舍大学の向かい、イタリア文化会館ビル。
下の3枚は前方の歩道橋上より撮影。

内堀通り南方向。

南方向、二松學舍大学前。

内堀通り北方向。PLUSの角を左折すると二七通り。
前方つきあたりは靖国通り。靖国神社の鳥居が見えます。

左折したところ。二七通り。

PLUSの角で南向き。左端は二松學舍大学付属高等学校。

もうすこし北へ進んだ地点。九段下駅駅周辺のページはこちら
靖国神社・日本武道館周辺のページはこちらです。
2006年4月(上部30枚)と2007年11月(下部34枚)に撮影しました。
トップ > 東京都 > 千代田区の掲載地域一覧(基本的に駅名です)

西部:四谷〜麹町 市ヶ谷 飯田橋 九段下

北部:水道橋 御茶ノ水 新御茶ノ水 淡路町・小川町 秋葉原 末広町 神田 岩本町

南〜東部:国会議事堂前 桜田門 霞ヶ関 内幸町 有楽町 二重橋前 東京 大手町 竹橋
スポンサーリンク


掲載内容は撮影時または編集時のものです(運賃は税5%)。写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。 | 五十音順目次 都市一覧目次