オリジナル写真が満載の地域紹介サイト townphoto.net > 宮城県 > 塩竈市 >
 鹽竈神社周辺 の風景・街並み紹介
 (塩釜神社・しおがまじんじゃ 写真48枚)

塩竈公園 表坂(表参道)
裏坂(東参道) 塩竈海道

鹽竈神社周辺  本塩釜駅神社参道口  マリンゲート口
スポンサーリンク

  塩竈公園
写真をクリックして拡大表示できます。

塩釜神社(鹽竈神社)向かいの高台にある塩竈公園からの景色。
表坂(表参道)付近を見下ろしたところ。

その付近の塩竈公園。東方向。後ろを向くと小さな広場もあります。

塩釜神社表坂の鳥居へズーム。鳥居には陸奥国一宮とあります。

少し角度を変えて。

塩竈公園はこの小さな広場と東側の遊歩道で構成される公園。
駅前の案内図によると、光源氏のモデルといわれる源融の屋敷跡。

西方向。広場の遊具類。右手に見える交差点付近はページ下部に。

東へ進んだ地点。険しい遊歩道が本町通り方面へ続きます。

足を滑らせると柵の下の隙間から落ちそうで怖いです。
 
  鹽竈神社表坂(表参道)

鹽竈神社表坂(表参道)前の広場。
鹽竈は難しい漢字なので塩釜神社と表記されることも多いようです。

格式高く、初詣参拝者数も東北一とされる塩釜神社。

表坂へズーム。

202段の表坂階段を上ります。

半分ほど上った地点。

反対向き。向かいの丘の中腹に塩竈公園の柵が見えます。
その上には塩釜高校の元男子校だった方の校舎。

表坂を上りきった先の塩釜神社随身門。

反対向き。

随身門をくぐると手水舎・唐門。右(東)へ行くと東神門・裏坂方面。

唐門をくぐり、左右宮拝殿前。
初詣のピークを過ぎた時期でしたが結構な賑わいぶり。
 
  鹽竈神社裏坂(東参道)

塩釜神社唐門前から東へ進み、東神門手前で振り返ったところ。

東神門をくぐった先の東参道(裏坂)。

塩釜神社東神門。

塩釜神社の北東、志波彦神社。

志波彦神社付近より、海岸方面の展望(東)。

塩釜港、松島湾へズーム。

東へ進み、鹽竈神社博物館前。

反対向き。志波彦神社の鳥居。

塩釜神社東参道(裏坂)。西方向(神社方面)。

東参道から見る塩竈市街。

東へ進み、五重石灯篭と「芭蕉止宿の地」の碑。

右折して塩竈海道(鹽竈海道)方面。

塩竈海道から東参道(裏坂)への入口。

塩竈海道東方向。仙石線本塩釜駅まで約400m。
左の震災の跡が見られる建物は塩竈市役所宮町分室(解体予定)。

塩竈海道西方向。約300m先に塩竈公園の東側入口があります。

東方向もう1枚。
 
  塩竈海道

塩竈公園の東側入口(登り口)前。右側は祓川(新河岸川)。

東側入口前の本町通り。すぐ先で塩竈海道に出ます(西方向)。
後ろを向くと商店街(下の画像)。

塩竈海道東方向。

本町通り東方向の商店街。

整備の行き届いた塩竈海道を西へ進みます。西町バス停付近。

荻原味噌醤油醸造元(右)。

塩釜神社表坂入口(右)。

表坂入口前。反対向き。

西へ進み、塩竈公園西側入口(左)付近。
並行する祓川(新河岸川)の暗渠化により道路が拡幅された区間。

祓川の再現という塩竈曲水のポケットパークが整備された交差点。
前方で東北本線と交差。そこに新駅を設置する案も新聞に昔掲載。

北方向、利府町方面。利府海道という碑が建っています。

東方向、表坂入口方面。右の丘の上には塩竈公園と塩釜高校。
塩竈公園からこの交差点を見下ろした画像がページ上部に。

東へズーム。表坂入口まで約150m、仙石線本塩釜駅まで約1.1km。

南方向。東北本線の塩釜駅まで約800m。
2012年1月に撮影しました。

スポンサーリンク
続き:本塩釜駅アクアゲート口
トップ > 宮城県 > 塩竈市 > 本塩釜駅周辺(計3ページ)
本塩釜駅前(神社参道口)  鹽竈神社周辺  本塩釜駅アクアゲート口(海側)
(上り・南西←)
陸前高砂
-
中野栄
-
多賀城
-
下馬
-
-
-
東塩釜
-
陸前浜田
-
-
-
手樽
(→下り・北東)
トップ > 宮城県 > 東部の掲載地域一覧(国道45号・346号側の市郡)
(気仙沼市)気仙沼駅前 [市役所復興商店街港付近等] 南気仙沼 不動の沢 鹿折唐桑 旧本吉町 (南三陸町)南三陸町
(登米市)柳津 (美里町)小牛田  (石巻市)石巻駅周辺 旧北上川沿い 石巻市繁華街 前谷地  (七ヶ浜町)七ヶ浜町
(松島町)松島海岸駅前 五大堂以北 松島駅前 高城町  (塩竈市)本塩釜駅前 塩釜神社周辺 本塩釜駅海側 西塩釜


掲載内容は撮影時または編集時のものです(運賃は税5%)。写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。 | 五十音順目次 都市一覧目次