写真が満載の地域紹介サイト townphoto.net > 神奈川県 > 横浜市港北区 >
 日吉駅南側・東側 の風景・街並み紹介
 (東横・目黒・グリーンライン ひよし 写真38枚)

日吉駅西口〜南側(バス乗り場)
普通部通り
日吉駅東口(慶応大学側)

駅西側・北側()のページはこちら
スポンサーリンク

 
  日吉駅西口〜南側(バス乗り場)
写真をクリックして拡大表示できます。

東急東横線の日吉駅改札口(左)付近。前方は西口。
エスカレーターを上ると日吉東急アベニュー南館。右が本館。

市街地側出入口となる日吉駅西口。
日吉駅には東急のほか市営地下鉄グリーンラインも乗り入れ。

日吉駅前(西口)北方向。
赤色は日吉中央通り、青色は浜銀通り、黄色はサンロードの入口。

駅舎階段前のスペースは路線バス降車場とタクシー乗り場。

駅前南方向の2枚。奥の緑色は普通部通りへの入口。
地下鉄グリーンラインは赤色の日吉中央通り地下を走ります。

日吉駅西口から放射状に伸びる緑・赤・青・黄の4本と、郵便局(mail)前のメイルロードが日吉商店街の5つの主要通り。

駅南側、バス乗り場方面の道。

その右。日吉商店街の普通部通り。

バス乗り場(左)の手前。

その通り沿い。資格の大原日吉校新校舎、たかみざわ医院。
ここの大原は慶應生のための公認会計士受験専門校。

日吉駅東急バス乗り場。左は駅ビルの日吉東急アベニュー南館。
前方の建物は東口側の慶應義塾協生館。

浜銀通りを経由して西へ向かう日21・22・23系統のターミナル。
 
  普通部通り

日吉駅の南西方向。緩やかな上り坂の普通部通り。

慶應義塾の普通部(中学校)へと続く普通部通りを進みます。

大原同様に慶大生相手と思われるLEC日吉本校付近。
資格学校は他にTACもあり(浜銀通り側)。

日吉駅西口周辺は飲食店・居酒屋・古書店等が密集する学生街。

クリニックや塾も多数。

普通部通りの駅側入口から約70m地点の十字路。

右折方向(北西)。放射道路を結ぶ通りにも所狭しと並ぶ店舗。

日吉駅方面。

もう1つ先、このメガネ店前のT字路で2枚。南西方向。
普通部通りは駅のタクシー待機場のようにも使われていました。

北西、日吉郵便局(メイルロード)方面への道。

マンションが増えてやや静かな雰囲気になるあたり。

みみ・はな・のどのクリニック。

小型スーパーのピアゴmini。
普通部通りの駅側入口からこの十字路まで約200m。

十字路より先の様子。
奥の民家の左へ進むと慶應義塾普通部があります。
 
  日吉駅東口(慶応大学側)

東急日吉駅東口。駅を出るとすぐ正面に慶應の並木道。

日吉駅のシンボルとなっている銀玉オブジェ「虚空自像」。

東急日吉駅改札口。

日吉東急アベニュー1階入口。1階デパ地下風、2階ファッション・雑貨等、3階ベスト電器・書店等、地階ドラッグストア等、屋上駐車場。

東急東横線・目黒線の日吉駅ホーム。急行や通勤特急も停車。
渋谷へ約16分、運賃210円。2013年1月現在、特急だけは通過。

内側は目黒線折り返し用の線路で電車待機中。外側は東横線。
内側は将来、神奈川東部方面線として新横浜・相鉄線へ直通。

日吉駅東口。正面は東急の駅ビル、左端に地下鉄への入口。

綱島街道。北方向。前方に東口バス乗り場(1〜4番)あり。

同じく北方向。右には慶應義塾大学の建物が並びます。

慶應義塾の日吉キャンパス正門と銀杏並木。
大学の教養課程、大学院研究科の一部、高校があるキャンパス。

綱島街道を南へ少し進んだ地点。5〜7番バス乗り場入口(右)。
左の慶應義塾協生館は教室・研究室や一般利用可能な店舗等。

5〜7番バス乗り場(日21・22・23系統)。東口からは歩道が整備。
(続き)日吉中央通り・浜銀通り・サンロード。三田はこちら
2012年8月に撮影しました。
トップ > 神奈川県 > 横浜市内の掲載地域一覧(基本的に駅名です。鶴見・旭・瀬谷・金沢・南の5区は未掲載です。)

【都心】(西区)横浜 新高島 みなとみらい 高島町 戸部 平沼橋 西横浜 (中区)桜木町東 関内東 馬車道 日本大通り

【北部】(港北)日吉 大倉山 菊名 妙蓮寺 新横浜 (都筑)センター南 センター北 (青葉)青葉台 田奈 こどもの国 (緑)十日市場

【東部】(神奈川区)神奈川新町 子安 大口   【西部】(保土ケ谷区)保土ケ谷 天王町 星川 (泉区)ゆめが丘

【南部】(戸塚区)戸塚 (港南区)上大岡 港南中央 港南台 (磯子区)磯子 杉田 新杉田 (栄区)本郷台 大船
スポンサーリンク


掲載内容は撮影時または編集時のものです(運賃は税5%)。写りこんでいる電話番号等を含め現状と異なる場合があります。 | 五十音順目次 都市一覧目次